藤原慎一郎 ブログ

フリーライダー

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

中間管理職の中で、フリーライダーと呼ばれるタイプの人が増えているという。
これは、部下の活動に乗っかり、手柄を自分のものにする人である。

同じような意味で「アレオレ社員」というタイプもある。

アレ(あの仕事)はオレ(俺)がやったという手柄横取りタイプである。

このタイプは若手にも多いという。

病院の中でも、このようなスタッフはいるかもしれない。

このようなタイプをトップは見つけていき、適切なマネジメントをしなければ、他の人たちのモチベーションは大きく下がる。

結果が出にくい世の中になれば、一層増加していくタイプである。

注意してもらいたい

目次の重要性

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

動物病院経営実践マニュアルがお陰様で販売が好調であり、新しいシリーズを模索中である。

書籍を執筆するにあたり、いつも目次の重要性を感じる。

目次は、書籍全体を構築する骨組みの役割であり、全体をつなげる道標になる。
従って、読むときにも目次は書籍全体を俯瞰するために重要になる。

意外と目次を読み飛ばす方が多い。

目次をしっかりと見ることをおすすめしたい

ブランド力

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

あるクライアント様では、三施設目の動物病院として猫の分院を1月の下旬にオープンした。

広告宣伝など、ほとんど実施していないにもかかわらず、先月は早くも100万の単月売上高を達成した。

これは、グループのブランド力が大きく関係していると思う。

三病院全体での知名度が高くなっているため、口コミも発生しやすくなっているのだろう。

また、スタッフのレベルもあがっているため、本院の飼い主様も安心して分院に行くことが出来るのだろう。

積み上げてきた信頼がブランド力を高めていく。

ブランド力とは、発信力ではなく信頼力と感じた。

カレーうどん

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、名古屋にある有名なカレーうどん店に行った。

カレーうどんという単品に特化しており、カレーうどんを目当てにお客がひっきりなしに来店する。
大量仕入れによる高粗利などイメージできるが、一番驚いたのは店員の動きである。

二人、店員がいるのだが注文を受けてから、カレーうどんを出すまで、二人とも役割分担した作業をほば同じ動作をする。

毎回、同じ動作をするので無駄がなく、スムーズにカレーうどんを提供出来ている。

ひとつのことを突き詰めると、効率的になると実感した。

利益ベース

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、あるクライアント様の月ごとの財務諸表を見たときに、売上はあがっていたが、利益が昨年より減少していた。

原因は仕入れ金額の増加であった。

発注担当者が代わり、無計画に発注していたことが一因である。

多くの動物病院は、売上高の把握はしているが利益ベースの把握をしていない。
定期的に、利益ベースの把握をすることが大切である。

是非、3ヶ月に一度、利益ベースの把握をしていただきたい
※4月30日にメルマガを発行します。

ご興味あるかたは、メルマガ登録してください。
アドレスは
http://www.melma.com/sp/backnumber_00189404/

です。月に一度ブログとは違う情報を発信します。ご興味あるかたは、是非、ご登録ください。

ブログ内にも、登録するバナーがあります。

つながりの確認

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

震災後、家族や友達と一緒に過ごす人が増えているという。
孫が祖父母と一緒にトランプをするようになったり、友達と食事をする機会が増えたりしているという。

やはり、震災という大きなインパクトから、自分たちの絆を見直す人が増えたのだろう。

動物病院もセミナーや教室、お茶会など開催している病院もある。

これは、つながりを持つ機会を提供している場である。

このような場を啓蒙としてだけではなく、つながりを持つ場として考えてみてはいかがたろうか?

※4月30日にメルマガを発行ます。

ご興味あるかたは、メルマガ登録してください。
アドレスは
http://www.melma.com/sp/backnumber_00189404/

です。月に一度ブログとは違う情報を発信します。ご興味あるかたは、是非、ご登録ください。

ブログ内にも、登録するバナーがあります。

勤勉ということ

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

ある書籍によると、肉体労働の場合は長時間働くことが勤勉であり、知的労働にとっての勤勉とは創造と決断をすることという。

確かに、創造や決断は知識、知恵、勇気というような要素が必要になる。

創造や決断は一瞬の産物のようであるが、知識やノウハウを収集したり、勇気を持つ過程には多くの時間を費やしている。

自分たちが属す職種によって勤勉の種類は違う。

しかし、知識を要求される職種は少なくとも判断は重要になる。

経営という仕事は決断業務という経営者もいる。

動物病院の院長は経営者である。

是非、勤勉になって欲しい

若手の成長力

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

あるクライアント様の後継者の成長が著しい。

この方は院長の子供だが、獣医師ではない。

幅広い業務から、広い視野を持ち始め、謙虚な姿勢でドンドンと知識やノウハウを吸収している。

一年前は、やはりポイントがわからず、右往左往していた。
まだ、20代であるが素直に話を聞き、順調に成長することで立派な後継者になるだろう。

若手の成長をどれだけ引き出せるかが、病院にとって大切な要素である。

※4月30日にメルマガを発行します。

ご興味あるかたは、メルマガ登録してください。
アドレスは
http://www.melma.com/sp/backnumber_00189404/

です。月に一度ブログとは違う情報を発信します。ご興味あるかたは、是非、ご登録ください。

ブログ内にも、登録するバナーがあります。

インパクトによる意識づけ

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

作家の堺屋太一氏によると、文化の改革や成長は歴史的に見ると首都を移転した時に、成功するという。

首都が変わるという、すべての国民が変革を意識できる事象がインパクトになり、変革に流れていく。

法律など変えることは、当事者としては大きな改革かもしれないが、当事者以外はあまり変革がわからず、インパクトがない。

従って、変革には動き出しにくいという。

確かにインパクトがないと意識づけしずらく、変革の本気度は伝わりづらい。

病院の変革においても、全てのスタッフが変革を意識できる時の方がまとまりやすい。

例えば移転や病院拡張などだ。

いくつかの企画をうつより、インパクトが強いことが必要な時期がある。

大きな変革を見据えた時は、全ての人が共通に意識できる事象が必要になる。

※4月30日にメルマガ発行します。

ご興味あるかたは、メルマガ登録してください。
アドレスは
http://www.melma.com/sp/backnumber_00189404/

です。月に一度ブログとは違う情報を発信します。ご興味あるかたは、是非、ご登録ください。

ブログ内にも、登録するバナーがあります。

情報交流

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、ある別の会社のコンサルタントと話しをしていた。

社内での情報交流が少なくなったため、成功事例の情報や新しい業界動向がわからなくなってきたという。

また、人間関係の中で、情報交流するようなモチベーションがわかないという。
これは、動物病院においてはカンファレンスなどにも当てはまるように感じる。
知識やノウハウの共有は、情報交流する機会と人間関係が大切な要素になる。

根本的な要素を見直す必要があると感じる

可能性の提示

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

あるクライアント様に、現状の仕事でミスが多く、病院スタッフとして向いていないというスタッフがいた。

話をしてみると、自分自身、気がついており、行き詰まっているが、生真面目な性格から辞めたり、弱音を吐くことが出来ず、八方塞がりになっていた。

病院も大勢スタッフがいるタイプと少人数スタッフのタイプがある。

また、病院ではなくペットケアサービスなどの別の業種もある。

自分の可能性を伸ばすフィールドは他にもあると提示すると、そのスタッフは感情を解放した。

選ぶのは本人である。

心を入れ替え、今の業務を更に、頑張るかもしれない。

退職し、別の病院もしくは職種を選ぶかもしれない。

しかし、向いていないという一言で済ますのではなく、可能性を提示してあげることは雇用した側の責任かもしれない。
スタッフ問題は多々発生する。

ひとつひとつ解決することが、病院の財産となる

※4月30日にメルマガを発行します。

ご興味あるかたは、メルマガ登録してください。
アドレスは
http://www.melma.com/sp/backnumber_00189404/

です。月に一度ブログとは違う情報を発信します。ご興味あるかたは、是非、ご登録ください。

ブログ内にも、登録するバナーがあります。

尿検査提案

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

フィラリア時期に行う健康診断に併せて、尿検査を提案するクライアント様がある。

単純に尿検査を提案すると言っても、「いつ」実施するか?「どのように」実施するか?など病院によって、緻密に計画しなければならない。

何故なら、フィラリア時期に入り病院が忙しいという側面がある。

また、採尿が難しいという特性もある。
尿検査を提案すると単純に言っても、多くの要素が複合する。

多面的に計画して欲しい

現場視点

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、あるクライアント様でミーティングを行なった。

一つの議題で新しい薬の価格設定があった。

院長が独断で価格設定をしたが、院長から離れたスタッフ同士が小言で話しだした。

よく聞いてると、既存の薬の体重区分と合わないため、院長が決めた値段では整合性が取れないという。

確かに、スタッフの意見の方が正しい。
院長に話し、価格を修正した。

やはり、現場で働くスタッフの方がポイントがわかる事柄も多々ある。

一つの意見に固執せずに、現場視点を取り入れる重要性を感じた。

所有と使用欲

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

最近、よくシェアという考えを聞く。

何人かで所有することで、料金を下げるなどの方法であり、使用欲を満たす手法である。

車などは、シェアの対象としてよく言われる。

シェアの対象は、逆に言えば「代わりのある」というものである。

絵画などは、「唯一無二」のものであり、所有欲の高い対象である。

動物病院の「かかりつけ」は唯一無二、「セカンドオピニオン」は代えのきくという概念に近いかもしれない。

自分たちカラーで、経営スタイルや診療スタイルは変わる気がする

所有と使用欲

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。
最近、よくシェアという考えを聞く。
何人かで所有することで、料金を下げるなどの方法であり、使用欲を満たす手法である。
車などは、シェアの対象としてよく言われる。
シェアの対象は、逆に言えば「代わりのある」というものである。
絵画などは、「唯一無二」のものであり、所有欲の高い対象である。
動物病院の「かかりつけ」は唯一無二、「セカンドオピニオン」は代えのきくという概念に近いかもしれない。
自分たちカラーで、経営スタイルや診療スタイルは変わる気がする

ぶれない軸

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、久しぶりに、あるお寿司屋に行った。

そのお寿司屋は美味しく、価格もリーズナブルなのでとても人気がある。

しかし、このお店はお酒の種類が非常に少ない。

あるお客さんが、店にない自分の好きなお酒を欲しいと言ったところ、「うちは寿司屋だから、寿司にあうと自分が思う酒しかおいてない。寿司を基準にしてる」との回答である。
ちなみに、お造りは二皿までである。

賛否両論あるかと思うが、寿司を中心とするという「ぶれない軸」がある強さを感じた。

リーズナブル

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

最近、フランス料理店の中には、格式あるコース料理にこだわらず、アラカルト中心にメニューを構成する店が増えてきたという。

また、立ち飲み形式にし、小さな店舗面積で営業するお店も出店し出した。

質は同じだが、一品での提供なので価格は安くなり、更に回転率を高めることにより価格を押さえることができる。

このような店は人気があり、不況下においても集客出来ているという。

価格を下げることが、必要な時はある。
しかし、質を維持することを意識しておかないと知恵が出てこないない。

安いのではなく、リーズナブルを心がけて欲しい

B層戦略

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

B層戦略という言葉がある。

自分の意見を持っている人をA層、自分の行動を大衆や他の人たちと合わせることを一番と考える人をB層とわけて、B層に訴求する戦略である。
このB層が昨今多くなっているという。

不透明な時代背景から、考えることを拒否し、ストレスから身を守るようになったことが一因だろう。

このようなB層にきっちりと情報発信し、導くことは動物病院でも重要かもしれない。

間違った予防や飼い方などしている飼い主様も多いと、あるクライアント様の院長が言っていた。

B層が多くいると認識し、導いてあげる病院が必要なのかもしれない

ファッションナビ

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

大阪の大丸では、ファッションナビゲーターという職種のスタッフがいる。

似合うカラーを診断してくれたり、ファッションの専門家が、買い物に一緒に付き合ってくれる。

もちろん、有料である。

動物病院のスタッフもプロとして、カウンセリングできるようになる必要を感じる。

ある動物病院では、まだ動物を飼っていない人に対するカウンセリングを行なっている。

スタッフがレベルアップし、できることが増えれば色々な展開が可能になる

半信半疑の実行力

動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

あるクライアント様では、ホームページに来院する方が増えている。

また、飼い主様との携帯メール会員が機能しており、ダイレクトメールの代わりになりつつある。

二年程度かけて今の状態になってきた。
先日、実は二年前は半信半疑だったと院長に告白された。

この院長の凄いところは半信半疑でも、きっちりと実行したことである。

半信半疑で実行するだけで、周りの病院よりも進んでいく。
半信半疑の状態での実行力は、大切な能力だと感じた