藤原慎一郎 ブログ

3350回 オープンカレッジ無料招待

藤原です。
来月、弊社の勉強会オープンカレッジを開催する。
来月はテーマをマーケティングにし、WEBなどを中心にお話しする。
また、参加者同士でのディスカッションを行い、理解した内容を深掘りしたいと考えている。
今回から新しい形態を考えており、多数の人からの意見をいただきたいため、会員外以外での無料招待枠を数枠設定している。
年間四回の勉強会のため、6月の次は9月の開催となる。
是非、オープンカレッジを体験してもらいたい

3349回 今後の広がり

藤原です。
最近、様々な企業から様々な引き合いをいただくことが多くなってきた。
非常にありがたいことであり、愚直に研鑽してきたことが良かったのかと感じている。
大企業ではない弊社に可能性を感じていただけることは、非常にありがたいし、身が引き締まる思いである。
柔軟に発想し、新しいチャレンジができるように準備していきたい

3348回 仕事の概念

藤原です。
立場や成長速度など様々な人とお話しする機会があるが、仕事の捉え方が違うと感じる。
対処することを仕事の中心と捉える人と、未来を作る行動を仕事の中心と考える人の二種類の人がいる。
どちらが正しいか間違っているかはないが、トップは後者の方が成長しているケースが多いと感じる。
意外と仕事の充足感は、対処で追われている方がある場合が多い。
もちろん、トップや幹部以外は対処に追われることも多いし、仕方ないことである。
しかしながら、トップは対処では未来は作れない。
忙しいフィラリア時期だからこそ、考えていきたい。

3347回 国際基準

藤原です。
是枝監督の映画作品がカンヌ映画祭で、パルムドール賞を受賞した。
野球では、連日大谷選手の活躍が報じられている。
ビジネスの世界でも、日本発信の業態や中小企業の海外での活躍が報じられている。
30年前と比べると、日本は国際基準の中でも非常に基軸となる国になってきたと感じる。
弊社でも、香港に共同経営している動物病院を運営しているが、日本という国の強さを感じることが多々ある。
広い視野を持って、海外との垣根を取れば、まだまだチャンスはあると感じる。
柔軟に発想していきたい

3346回 高齢化

藤原です。
フィラリア時期に入り、忙しい病院も多くなっているが、忙しい要因が予防でなく治療である会員様が多々ある。
これは、わんちゃんの高齢化が非常に進んでいることと連動している。
数年前から、高齢化の進展により動物病院のスタイルや考えかたは変わってくるとお話ししていたが、更に拍車がかかったと感じる。
亡くなったわんちゃんの話もよく聞くようになっている。
再度、高齢化から今後のスタイルを考えていきたい

3345回 ゾゾスーツ

藤原です。
ファッション通販大手のゾゾタウンが、自動採寸スーツの改良版を発表した。
まだ、様々な問題点は残るが新しい試みであり、時代の変化を感じる。
市場が作られることは、今まで色々な現象で感じてきたが、ゾゾスーツはアマゾンも同じような実験を始めたことで盛り上がる可能性もある。
初期のスーツの失敗から学び、改良されたスーツである。
動向を見守っていきたい

3344回 インフォア2000人突破

藤原です。
弊社で運営している獣医学生や動物看護学生のLINEグループ、インフォアの登録人数が2000人を突破し、更に増えつづけている。
学生団体サスティーズや学校関係者のおかげで、非常に大きな影響力を持つ媒体に育ってきたと感じる。
学生が役立つ情報などを、学生からのリクエストなどからヒントを得て発信できていることもインフォアの魅力だと感じる。
また、求人サイトの動ナビや実習可能会員様情報を発信したり、実習に行った病院の感想など聞いたりしているが、様々な情報の送受信ができることも重要だと感じている。
今後、4000人登録を目指していく。
更にインフォアを育てていきたい

3343回 猫リフォーム

藤原です。
最近、大手住宅設備会社が三社集まり、共同で販促する試みを実施している。
生活シーンを10通りイメージし、そのイメージに当てはまるためのリフォームを提案する。
10通りのイメージの中には、猫と暮らすリフォームというものがある。
猫と暮らすということが、非常に多くなり生活シーンのイメージに入った。
壁にネコ用のステップや本棚を設け、臭いのつかない天井などを設置するようなリフォームを実施する。
猫の頭数が犬を上回ったため、様々な企業が猫をターゲットに企画を考えてくる。
情報をつかんでいきたい。

3422回 学生交流会

藤原です。
来月から各地で会員様と学生との交流会が始まっていく。
今年からはじめた学生交流会であるが、予想以上に良い出会いが生まれ、就職説明会、求人サイト、LINEグループと合わせて、就職媒体の柱となってきている。
交流会用のホームページなども作成し、学生たちが参加する魅力を感じるような仕組みも導入しはじめた。
今後、様々な試みを検討し更に多くの出会いの場を創造していきたい。

3421回 オープンカレッジ

藤原です。
6月に弊社の勉強会であるオープンカレッジを開催する。
WEB関係などのマーケティングを中心とした内容に、今回のオープンカレッジは構成している。
フィラリア時期も6月には落ち着き、今年の結果が見えてくるため、フィラリア時期の成功事例もお話しする予定である。
一年毎に様々な変化があり、他業種における影響などもあり、後半からの対策が早めに始まっていく。
今回から少ない枠ではあるが、無料体験も実施している。
是非、後半のスタートをしっかり切るために、オープンカレッジを利用してもらいたい

3420回 タクシーの変化

藤原です。
最近、タクシー業界では様々なメニューや企画が進んでいる。
相乗りをすることで、運賃を抑えたり、妊婦の方のサービスを作ったり、高齢者のための定額制度を作ったりと様々な切り口でメニューを作っている。
人を目的地まではこぶという目的を、様々な属性から考え、新しい切り口を発見している。
20年前などは、乗車拒否や運転手のマナーの悪さなど様々な問題を抱えていた業界であったが、非常に変化してきている。
ある意味、非常に参考になる業界だと感じる。
キャッチアップしていきたい

3419回 インフォア

藤原です。
新しい年度に入り、弊社が運営する獣医学生と看護学生が登録するLINE@のインフォアの入会促進が始まり出した。
すでに2000人に迫る登録数になっており、非常に嬉しく感じる。
インフォアに投稿するニュースやコラムなども非常に楽しく読んでいるという声もいただき、LINE@の運営をして良かったと感じる。
このLINEを使って、夏休み前には実習受け入れ告知を行う。
実習先を探している学生に、病院サイドから発信できる2000人規模の媒体は弊社にしかないと自負している。
このインフォアをしっかりと育てていきたい

3418回 オープンカレッジ

藤原です。
来月、勉強会であるオープンカレッジを開催する。
フィラリアの繁忙期明け、はじめの勉強会になるが、今年から更に内容をブラッシュアップしている。
今年も、来月で半分の月日が経過したことになり、後半を見据えていくことが必要になる。
参加型の勉強会のオープンカレッジの質を高め、有益な情報を提供していきたい。
今回は体験参加も募集する。
多くの動物病院の方々に、勉強会を体験してもらいたい

3417回 コトとヒト

藤原です。
最近、リーダーや院長とマネジメントについてお話しすることがある。
その中で、マネジメントが苦手なリーダーと得意なリーダーに別れてみると、メンバーを叱るときや褒めるときにコトだけに完結できるタイプとヒトまで派生させるタイプがいることに気づく。
例えば、言われたことをキチンとするが、発想は貧困な人に対して、言われたことをキチンと完結すると、そのことをしっかりと褒める人と、キッチリと完結したことはいいが、あんまり発想できないことをつなげて完結したことを評価しない人がいる。
コトで見る人は前者で、人で見る人は後者になり、メンバーは前者の方を認める傾向がある。
コトを見て時間差なく評価することは、評価される側は納得しやすい。
過去や人と結びつけて、時間差がある要素での評価は、納得しにくいと考えて、コトを見ていって欲しい

3416回 インスタ

藤原です。
先日、飲食店の経営者とインスタグラムについてお話していた。
飲食店では、非常にインスタはマーティンツールとして大切であり、その経営者は様々なテストを行っている。
アクセスや来店などの確率をあげるため、様々なテストを行った結果、深夜に食べ物の写真をあげる方が来店やアクセスが増え、イベントの告知は朝に投稿した方が来店は増えるという。
インスタを見る年代層やインスタを見る人の行動を考え、テストした結果見えてきた傾向だという。
たしかに、ネットサーフィンする時間やシチュエーションを考えると利にかなっている。
ツールを単純に使うだけではなく、しっかりとマーケティングテストをすることは非常に重要だと感じた。

3415回 海外ペット関連サービス

藤原です。
弊社では、様々な調査を行っているが、最近では海外のペット関連サービスを調査した。
海外では、様々なペット関連サービスがあり、アプリなどの技術と連動するなど進んだ仕組みを導入している。
今後、日本でも参考になるサービスも多々存在している。
幅広い視点を持つと、海外を視野に入れることは多々ある。
キャッチアップしていきたい

3413回 ヒアリングフィードバック

藤原です。
弊社では、コンサルタントが定期的にスタッフヒアリングを行うことが多い。
聞くということで、承認の欲求が満たされ定着する効果もあり、スタッフヒアリングは有効であると感じる。
ヒアリングの内容を院長やリーダーにフィードバックする時には、要点をきっちり掴んでいることと、事実と意見を混在させないことが重要である。
忙しい時間の中で、院長やリーダーはヒアリングの内容を聞くため、判断を早く行う必要がある。
ヒアリングは聞くことと、話すことが大切な非常に重要な行為だと感じる。

Fwd: 3413回 中国の成長

藤原です。
中国では、人件費の高騰に伴い外食産業の価格が上昇し、日本と変わらない水準になってきているという。
また、訪日においてもコト消費化しており、体験など物を購入する以外の目的が高まっている。
数年前までは、爆買いといわれた大量の物販購入がニュースになっていたが、余裕ができたことからコト消費に移行してきているという。
マナーなども、国をあげて改善しようと試みている。
宇宙開発なども非常に積極的であり、世界のトップになろうとしているという。
今後、成長スピードは加速すると感じている。
キャッチアップしていきたい

3342回 新人意識

藤原です。
ある就職支援企業の新人意識調査が発表された。
調査によると、今年入社した新人の意識調査ではプライベート優先であるが出世もしたいという結果になった。
昨年までは、出世意識は低かったが売り手市場を背景に、自分達が企業を選んだ意識が強くなったため、出世もできると考える新人が増えたという。
賛否あると思うが、このような意識が現実である。
受け入れ側の意識も変えていかなければならないと感じる。

3411回 募集媒体の拡大

藤原です。
新学期から一カ月経過し、学生もだいぶ落ち着いてきた時期になった。
弊社で組織している学生団体サスティーズメンバーも増えてきており、今月から活動を活発化する。
1900人近い学生が登録してくれているLINEのインフォアも、本格的に今月から登録拡大する活動を行い2500人の登録を目指していく。
インフォアは、今年入社した新人の獣医師、動物看護師も登録しているため、働き出して早めに病院を辞めてしまう人も今年からはイメージしていく。
更に、様々な媒体や方法で募集活動を実施する予定である。
すぐに夏休みが来るため、昨年よりブラッシュアップした方法により、会員様の出会いを創造していきたい