藤原慎一郎 ブログ

3709回 留学熱


藤原です。
留学白書によると2018年の小中学生の留学の相談は3年前に比べて2倍になったという。
文部科学省によると17年度の小中高生の帰国子女は、約1万2千人になり、40年前の二倍になったという。
個性ではなく、協調性を重視する日本の教育に疑問を感じる親や、タスクの多さに疲れてしまう親子が多くなっており、海外に眼を向けるようになってきた。
最近、センター試験の変更への疑問がニュースになっているが、日本の教育も転換を迫られているように感じる。
今後、さらに留学熱は高まっていくように思う。