藤原慎一郎 ブログ

3706回 平成消費


藤原です。
ある調査機関から平成の初期と終わりの消費額が発表された。
その調査によるとバブル期の平成初期と平成終わりの2017年では、一人当たりの消費額は変わらないという。
衣料関係などは平成初期より半分くらいに下がってるが通信費や保険医療、水道光熱費などが上がっているためだという。
経済の状況が違うが、消費金額が同じということは、非常に苦しい状況だと感じる。
様々な角度から、情報を収集していきたい。