藤原慎一郎 ブログ

2794回 学生向けアンケート状況

藤原です。

先日から動物病院様に学生の求人に関するアンケートをお願いしているが、非常に多くの動物病院様に御協力いただき、感謝している。

学生とは弊社のアルバイトやグループインタビューなどで100人以上とお話ししたが、学生に発信される動物病院の情報が少ないことを痛感している。

動物病院と学生のマッチングのためには、質の高い情報交換が不可欠だと感じる。

弊社も、最大限出来ることを実施し、業界に好影響を与えることをスタンスにしていきたい。

2793回 趣味からのつながり

藤原です。

会員様の中には、様々な趣味を持たれている院長がいらっしゃる。

趣味からの派生で、様々なつながりができ、病院以外での人脈を作られている。

病院という空間にいる時間が多く、閉塞感を感じるため、ストレスを感じるという院長も多くいらっしゃる。

趣味を持つことにより閉塞感を打破できるとおっしゃる院長もいらっしゃる。

趣味を持つことは、気持ちのバランスをとるために有効だと感じる。

2792回 伸びる病院

藤原です。

先日、ある会員様で伸びる病院、永続する病院の要素からスタッフ研修をおこなった。

スタッフは非常に熱心に聞いてくださったと感じる。

病院全体として伸びるためにすることと、病院にいるスタッフが個人としてすることの二方向からお話ししたが、様々な職種のスタッフもイメージしてもらいやすかったと感じる。

業界としては、ネガティブな情報が多くなってしまうが、その中でも輝いていく動物病院づくりを目指してもらいたい。

2791回 書籍

藤原です。

会員様の有志で執筆した書籍が完成する。

飼い主様向けに作成した動物の飼い方の書籍である。

執筆することで、考えを整理でき、書籍という形が残ることで達成感が生まれる。

更に、飼い主様からは信頼感も持ってもらえる。

会員様共同執筆書籍は、実は、昨年に続き二冊目になる。

毎年、定番化していきたい

2790回 求人アンケート

藤原です。

秋にいくつかの学生向けセミナーを獣医大学での開催や自主開催で行う。

テーマは動物病院業界動向と求人状況であるが、しっかりした形で学生に伝えていきたいと考えている。

弊社では、求人に関する動物病院の考えを幅広い動物病院様から収集し、分析し学生に伝えていきたいと考えている。

全国の動物病院様にアンケートが届くと思うが、獣医学生の臨床希望者を増やすためにも、是非御協力いただきたいと感じる。

2789回 ニッチコンセプト

藤原です。

あるレストランは、高タンパク、低糖質、低脂質の料理に特化した料理を提供している。

店名も筋肉というワードをいれ、コンセプトと連動させている。

お通しも、プロテインという徹底ぶりである。

コンセプトの浸透から新しい顧客層も開拓し、女性客が四割という。

コンセプトは発想を変えていけば、どんどんと切り口が見つかる。

発想を広げていきたい

2788回 スメハラ

藤原です。

口臭や体臭などの匂いに対するハラスメントをスメハラという。

動物病院も飼い主様やスタッフに接する機会が多いため、非常に重要な問題である。

ある会員様から、先日、スタッフのスメハラの相談があった。

本人に気付きを与えるための対策を検討し、実施するが、あくまで飼い主様に対してというスタンスをとることにした。

スメハラは非常にデリケートな問題であるが、気付きを与えるように考えていきたい

2787回 検索サイト

藤原です。

先日、ある会員様から飼い主様向けの動物病院集合サイトの営業相談を受けた。

飼い主様が検索するキーワード予測から、検索してもそのサイトは全く検索されなかった。

しかしながら、営業の人の話では高い検索数があるという。

しっかりと検証しないと、複数年契約の中で大きな損失になる。

今後、ますますこのような会社は増えてくると予測できる。

しっかりと、検証してもらいたい

2786回 職種

藤原です。

採用を考える時に、獣医師、動物看護師、トリマーを同列に考えることが多々ある。

しかしながら、獣医師とその他の職種は少し違った意味あいを持つ。

それは、獣医師である院長が年齢などによりパフォーマンスが落ちたり、代行を考えた場合、獣医師しか解決できないからである。

採用は難しくなっているが、継続して採用活動することが重要になってくる。

弊社でも会員様に実習にくる学生が多くなるように活動しているが、更に逆の角度からも会員様の採用を有利にしていきたいと考えている。

2785回 患者数

藤原です。

延べ患者数を伸ばすという意識には、二つの視点がある。

ひとつは、稼動しているカルテ、つまり、きっちり来院してくれる動物のカルテを増やすことである。

これは、初診でカルテを増やし他の病院に転院されないという視点である。

もう1つは平均来院回数を増やすという視点である。

回数を増やすための仕掛けや、来院を忘れないための取組を実施することで、平均来院回数が増える。

この二つの視点に対する対策は違うが、同じように考えてしまうケースが多々ある。

延べ患者数を増やすための施策を二つの視点から整理して、実施してもらいたい

2784回 経営レポート

藤原です。

約六年間の間、毎月、会員様に経営レポートをお渡ししている。

毎月、最新の情報や手法、事例などをまとめて発信しているが、会員様から有難いお言葉をいただくことが多い。

よく、毎月作ることが出来ることに驚かれるが、実際は記載されている倍以上の手法や事例が積み上がってくる。

経営レポートといえば、平凡であるが、継続させることで非凡なものになってくる。

会員様に配信している飼い主様向けニュースレターや、このblogと併せ、継続することで非常なツールにしていきたい。

2783回 コンサルティングミーティング

藤原です。

先日、弊社の社内コンサルティングミーティングをおこなった。

日々のコンサルティング状況はグループウエアで各コンサルタントが報告し、共有化されているが、ミーティングで更に共有化し、ノウハウを高めることができる。

最低、月2回はミーティングをおこなっているが、今回、価格をあげてワクチン接種率を高めた事例やゲーム性を高めたスケーリングキャンペーン、内定率を高めた実習後のフォローまで、様々な事例が共有化された。

複数のコンサルタントが、日々、多くの会員様にお伺いし、現場レベルでお手伝いしているため、様々な切り口の事例が積み上がってくる。

しっかりと共有化やルール化をおこなっていきたい

2782回 人財力

藤原です。

弊社で、共同経営している香港の動物病院の業績が安定しだしている。

紆余曲折あり、今年から院長も代わり新体制になったが、院長やスタッフの成長に伴い、安定感が出てきた。

やはり、人財としてスタッフが成長することが重要だと動物病院経営者としても痛感する。

コンサルティングにも反映できるように、香港の動物病院経営者としての感覚を高めていきたい。

2781回 動ナビ、インフォア

藤原です。

弊社では求人サイトである動ナビと獣医学生と動物看護学生のLINEグループであるインフォアを運営している。

約1000人に情報発信できる媒体であるが、最近、これらの媒体を通じて実習などが活発化している。

それに伴い、動ナビに関する求職者側からのご意見をいただいている。

システムの変更なども併せて修正していきたい。

会員様と求職者である獣医師、獣医学生、動物看護師、動物看護学生、トリマーの良い出会いの創造に良いシステムにしていきたい。

2780回 秋に向けた企画

藤原です。

会員様では秋に向けた企画準備が始まってきている。

季節をひとつ、前倒ししたタイムスケジュールで動くことが、重要になっている。

健康診断はもちろん、季節のイベントなども加味して企画は考えられる。

秋は様々なイベントなどがあり、企画と連動させることが容易である。

是非、前倒しで検討していって欲しい。

2779回 自院分析

藤原です。

先日、会員様でスタッフセミナーを開催した。

時流や経営の話などをお話ししたが、多くのスタッフがしっかり聞いてくださった。

その中で、少し自院の分析を交えたが非常に興味を持たれていた。

次回からセミナー形式で自院分析を発表するが、自分達の病院を知りたい気持ちはスタッフにもあると感じる。

客観的な自院分析を見てもらいながら、経営に参加する意識をスタッフに高めていってもらいたい。

2778回 誉めること

藤原です。

最近、LINEのスタンプで、ちょっとしたことを誉めてくれる種類のものが人気だという。

「生きててえらい」「ごはんた食べたの?えらい」など少しのことを誉めてくれる言葉が書いてある。

また、歌のラップでも人を誉めるラップが流行し、管理職研修でも褒める研修でキャンセル待ちがでるほど人気である。

やはり、人は承認の欲求が強く認められたいという意識が強い。

褒めることは、認めることになるため、非常に重要なことである。

褒めることを大切に考えて、意識していきたい

2777回 実習

藤原です。

徐々に各獣医大学のテストも終わりだしてきており、夏休みに入る。

夏休みが最も実習が活発になる時期である。

会員様の中には、様々な実習プログラムを検討し、実施しだしている。

学生とのグループインタビューやアンケートなどから、動物病院サイドから考えていた実習とは、違う学生からの実習ニーズがわかってきた。

実習から学生は選ぶ病院を決めるため、実習を大切にしていきたい。

2776回 新患発掘

藤原です。

最近、新患発掘は非常に難しくなってきている。

やはり、病院数が増加していることが一院である。

新患発掘は、情報発信が基本になるが、闇雲ではなく決め細やかに発信する必要性が以前以上に大切になってる。

初診発掘にも、時流に併せた対応が必要である。

2775回 人との出会い

藤原です。

先日、介護施設を運営する経営者の人とはじめてお話をした。

色々な話の中で、非常に面白いお話を聞いた。

人材確保が非常に難しい業種であり、様々な視点から人材確保を考えている。

お話しするなかで、お互い楽しい時間を持てたと感じる。

人との新しい出会いにより、発想が広がり、新たな視点がもてる。

人との出会いを大切にしていきたい