藤原慎一郎 ブログ

【再掲】採用支援サービス開始しました

藤原です。

先日ご案内した弊社の採用支援サービスと
50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績掲載ページのリンク先を
再度掲載する。

ぜひご覧いただきたい。

以下はURL である。

スマホサイト
http://f-snc.com/mob/recruit_consulting/index.html

ホームページ
http://f-snc.com/recruit_consulting/index.html

弊社が構築してる学生団体や日本最大の獣医学生発信媒体LINE、弊社運営の求人サイト、就職説明会などがまとまったサイトになっている。

また、50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績を掲載した。会員様の一部になるが、要望があり掲載することにした。
以下はURL である。

スマホ
http://f-snc.com/mob/consulting/kind.html

ホームページ
http://f-snc.com/consulting/index.html

守秘義務があるため病院名などは、割愛させていただいているが、まだまだ成長出来る可能性を感じていただけるんじゃないかと考えている。

これからも定期的にホームページをリニューアルし、訪問者が見やすく、役立つように努力していきたい。

3703回 動臨研講演

藤原です。
今週の日曜日に弊社コンサルタントが動臨研で講演を行う。
今回は、朝と昼の2つのコマでの講演であり、弊社では初の2コマ講演である。
テーマや内容もそれぞれの講演によって異なり、できれば2コマとも聴いていただきたいと考えている。
先月開催し、非常に良いお言葉をいただいた時流予測セミナーの内容も盛り込んだ内容となっている。
来年につながっていく講演だと感じる。

3703回 プロデュース力

藤原です。
先日、ある経営者と音楽プロデューサーとの対談を聴講した。
非常に今、勢いのあるアーティストをプロデュースしている会社の経営者であったが、意外と戦略よりも素材選別とフアンとのつながりを重視していた。
アーティストを選択する際には、歌だけではなく家族構成などのアーティストの背景を大切にし、ファンとのコミュニケーションを固めていくことをプロデュースの軸にしている。
拡散はSNSであり、はじめて歌を聴いた人の承認欲求を満たす対策もSNSで行うという。
まだ、若い経営者であるが非常に業界を変革させるプロデューサーだと感じた。

3702回 アクティブブックダイアローグ法

藤原です。
新しい読書の手法として、アクティブブックダイアローグという手法がある。
一冊の書籍を分担して、読んでまとめ、発表し共有化する。
さらに、気づきを与える対話をしていくことで、著者が伝えたいことを深く理解できるという。
一人で読むよりも、理解が深まり新しい関係性を築くことができるという。
一つの面白い手法だと感じた。

3402回 体験型福袋

藤原です。
先日、テレビで来年の福袋についての放送があった。
従来は、様々な商品が袋に詰められ購入金額以上の料金価値があるというものが福袋であった。
しかし、来年の福袋はプロ野球の監督のノックが受けれたり、プロレスラーと会食できるなどの体験を提供する福袋があるという。
物に対して飽和になっている時代だと、福袋からも感じる。
来年の福袋から始まる体験への売れ行きをしっかりとキャッチアップしていきたい。

3401回 黒字廃業

藤原です。
経済産業省によると2025年には後継者が決まっていないため廃棄する企業は、127万社にのぼるという。
近年廃業した会社の中には、約半数が黒字であったといい、127万社も半数以上が黒字である可能性は高い。
最近、企業買収は活発であるが、今後、経営者の高齢化と後継者不足は更に進んでいくだろう。
黒字廃業は非常に日本経済にとってもったいない。
黒字廃業がなくなるような対策を考えていきたい。

3400回 動臨研セミナー

藤原です。
今月、動臨研で弊社コンサルタントが講演を行う。
今回、初めてテーマを二つにわけて、二つのコマでセミナーを開催することになった。
大きくは、マーケティングとマネジメントという二つのテーマである。
様々な調査結果や新しい手法や事例などを発表する予定である。
是非、聴いていただきたい。

3399回 未来の組織図

藤原です。
ある経済誌に急成長している企業トップの対談記事が掲載されていた。
その中に経営幹部に対する教育として半年から一年後の組織図を書かせるというものがあった。
将来構想を持っていないと未来の組織図を書くことができない。
会社のフェーズや今後の展開に対する理解が深ければ、未来の組織図を書くことができるという。
一つの幹部教育のあり方だと感じた。

3398回 ルサンチマン症候群

藤原です。
最近、他人の幸せや利益に対して不快に感じたり、嫉妬に取り憑かれた状態になり、SNSに書き込んだり、愚痴ったりするルサンチマン症候群が増加しているという。
情報過多の時代になり、うわべの情報から攻撃していく人が増えていることが一因だという。
自分が普通、もしくは優れていると考えている人がルサンチマン症候群になりやすいという。
自分自身にしっかり向き合い、比較ではない気持ちを持つことを心がけていきたい。

3397回 ついで付加

藤原です。
最近、本来の目的だけではなく、ついでに利用できるサービスで収益を上げるビジネスモデルが成功している。
例えば、スーパー銭湯ついでの飲食であったり、入場料無料の遊園地の飲食やイベント、オンライン対戦できるボーリング場などである。
本来の機能だけではなく、付加しているサービスをトータルで考えることで、新しいビジネスモデルを成立させている。
今後、このようなモデルが多くでてくると感じる。

3396回 女性の検索

藤原です。
ある調査機関が15歳から24歳の女性450人に検索についてアンケート調査を実施した。
すると約8割がインスタグラムを使って検索していることがわかった。
また、ハッシュタグ検索の第1位はカフェ探しであることもわかった。
文字情報が多いネットよりも、画像が多いインスタグラムの方が直感的に選べるという。
一つの参考にしていきたい。

3395回 映画館の進化

藤原です。
映画館の設備の進化が非常に進んでおり、単価が非常に上がっているという。
大声を出せる応援上映やIMAXS、ドルビーシネマなどの音響やシート、座席が動く装置など、様々な機能を持つ設備が導入されてきている。
映画は、最近では様々なサービスで気楽に家庭で見ることができるが、映画館に行く人数は減少していないという。
コト消費により、産業として売上が伸びている映画業界は一つの参考になると感じる。

3394回 バースデー募金

藤原です。
最近、自分自身の誕生日に様々な非営利団体に募金する活動が増加しているという。
フェイスブックでは、誕生日に募金キャンペーンを作成することができる。
老犬を保護する団体であったり、子供の貧困を支援する団体に寄付できるが、自分のフェイスブックで支援者を募れるという。
若い人を中心に誕生日に対する価値観が変わりつつある。
新しい誕生日の祝い方を認識していきたい。

3393回 インフォア

藤原です。
弊社が運営している獣医学生や獣医師、看護学生が登録しているライングループがある。
名称をインフォアといい約2500人が登録している。
インフォアは約3年前から入会促進しているが、学生の間では、認知度が高まっていると非常に感じる。
このインフォアを使い来月は実習募集などの広告を投稿する。
また、このインフォアで学生アンケートを実施したところ300以上の回答を得ることができた。
卒業生もインフォアから脱会しないことが多いため、就職した獣医師にもつながる可能性も高くなっている。
更にインフォアを育てていきたい。

3392回 戦略と組織

藤原です。
経営において戦略と組織は非常に重要であり、旧来より関係性を定義されてきた。
戦略は組織に従うという考えと、組織は戦略に従うという考え方である。
どちらも正解だと言われているが、中小企業はリソースに限界があるため、戦略は組織に従うという考え方が良いという人が多い。
たしかに、戦略を考えたとしても人材や資金の関係で実践できない中小企業は多い。
どちらが、自分たちに適応しやすいのか、力相応に考えていきたい。

3391回 動物病院視察バスツアー

藤原です。
先日、弊社主催の動物病院視察バスツアーが開催された。
動物病院などをバスで視察するツアーであるが、非常に盛況であったようだ。
百聞は一見にしかずという言葉があるように、見ることでスピーディに情報収集ができる。
さらに、参加者同士でのコミュニケーションも取れ仲間を作ることもできる。
今後も様々な企画を実施していきたい。

3390回 事業継承

藤原です。
最近、院長の高齢化により事業継承のニーズやリストラクチャリングのニーズが高まっている。
これは、様々な業界でも同様のニーズが高まっており、対策が徐々に講じられている。
今まで、動物病院業界では独特な病院価値算定などがあったが、他業界の基準も徐々に浸透しだしている。
今後、弊社でも何かしらサポートできるように対策を考えていきたいと感じている。
動物病院業界専門のコンサルティング会社である弊社ができることを考えていきたい。

3389回 交流会

藤原です。
年末にかけて、獣医学生と会員様との交流会が企画され、開催される。
早いもので、交流会を開催して三年が経ち、弊社の学生団体サスティーズも新しいメンバーになっている。
獣医学生ライングループであるインフォアも、卒業した現役獣医師も増えだし、立ち上げ時よりも充実したグループになってきている。
さらに、弊社の名前や求人サイトなどを獣医学生に浸透させていきたい。

3388回 エンパシーライティング

藤原です。
コピーライティングの手法の一つにエンパシーライティングという手法がある。
エンパシーライティングとか論理的な一貫性と偶然のなしうる力を組み合わせた共感を生む文章作成方法である。
相手を理解するプロセス、社会を理解するプロセス、自分を深く理解するプロセスが含まれ、そのプロセスから自分の内面に触れ、外面と社会に働きかけるという。
今、共感により人が動く現代には、非常に重要な手法だと感じる。

3387回 時流予測セミナー@東京

藤原です。
先日、東京で時流予測セミナーを開催した。
非常に多くの動物病院様が参加してくださり、盛況のうちに終了した。
現場で複数のコンサルタントが活躍しているからこそ、可能になるセミナーだと感じている。
来週は大阪で時流予測セミナーが開催される。
是非、色々な動物病院様に聴いていただきたいと考えている。

3386回 瞑想ビジネス

藤原です。
最近、瞑想にはまる人が増えており、瞑想に関するビジネスが増えているという。
瞑想を行う教室や水中で瞑想する企画、瞑想するための機械、アプリなどがあり、女性のお客様が多い。
何もしないことで心が軽くなるということで、需要が伸びているという。
今後、さらに何もしないということにお金を出す人は増えていくと予想されている。
ストレス社会だと再認識する。