藤原慎一郎 ブログ

【再掲】採用支援サービス開始しました

藤原です。

先日ご案内した弊社の採用支援サービスと
50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績掲載ページのリンク先を
再度掲載する。

ぜひご覧いただきたい。

以下はURL である。

スマホサイト
http://f-snc.com/mob/recruit_consulting/index.html

ホームページ
http://f-snc.com/recruit_consulting/index.html

弊社が構築してる学生団体や日本最大の獣医学生発信媒体LINE、弊社運営の求人サイト、就職説明会などがまとまったサイトになっている。

また、50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績を掲載した。会員様の一部になるが、要望があり掲載することにした。
以下はURL である。

スマホ
http://f-snc.com/mob/consulting/kind.html

ホームページ
http://f-snc.com/consulting/index.html

守秘義務があるため病院名などは、割愛させていただいているが、まだまだ成長出来る可能性を感じていただけるんじゃないかと考えている。

これからも定期的にホームページをリニューアルし、訪問者が見やすく、役立つように努力していきたい。

2690回 採用

藤原です。
先日、飲食の経営者と介護施設の経営者とお話しする機会があった。
お二人とも、社員採用に困っており、アルバイト採用においても、なかなか上手くいかないと話されていた。
採用難だと改めて感じたが、様々な方法を今後試していくとおっしゃっていた。
人との出会いの場を作り、その縁から採用につなげていくという方法まで、検討されていることに驚いた。
今後、様々な方向から採用方法は検討されていくだろう。
柔軟に考えていきたい。

2689回 コンビニ冷食

藤原です。
最近、コンビニでは冷凍食品の売り上げが非常に伸びているという。
あるコンビニチェーンでは、10年間で売り上げが5倍になっているという。
この冷凍食品の伸びを軸に、店舗レイアウトは計画され出しているという。
伸びている商品やサービスを軸にマーケティングを考えることは、非常に大切である。
個人向け冷凍食品がコンビニでは伸びているが、自分達の業界や病院で、伸びている商品やサービスを見つけて、更に伸ばしていくことを考えていきたい。

2688回 エビデンス

藤原です。
最近、様々な健康食品や健康のためのトレーニングなどが開発されている。
しかしながら、その効果は未知数であり、本当に効果があるかわからない商品も多数ある。
アメリカでは、ある脳トレプログラムに効果が見られないため、監査当局である米連邦取引委員会が2億円の罰金を命じた。
日本でも、今後、エビデンスがないと罰金を命じられるかもしれない。
消費者の情報収集力も高まり、エビデンスが非常に重要になると感じる。
エビデンスを大切にしていきたい。

2687回 10連休

藤原です。
来週、いよいよゴールデンウィークの10連休が実施される。
今までなかった長期間の休みであり、未体験の事柄が起こる予感がする。
交通渋滞だけでなく、休むことによるインフラの問題も露呈するかもしれない。
しかしながら、海外では10連休は意外と普通のことであり、今後の働き方において日本もスタンダードになるかもしれない。
働き方改革により、様々な日本の変化があると思うが、その変化の布石が10連休だと感じる。
しっかりと10連休を見ていきたい。

3686回 高齢者レシピ

藤原です。
パックご飯の高齢者購入が増加しているが、更に、柿の種で三割減塩の高齢者向け商品開発など、様々な高齢者向け商品が増加している。
更に、最近では高齢者向けレシピを集めたレシピ本が売れているという。
高齢化という言葉は以前から言われていたが、後期高齢者が増加し、様々な高齢者対応商品が増加し、高齢化を体感するようになってきている。
これから、更に高齢化を体感していくと感じる。
高齢化を意識し、様々なことを変化させることは、どのような業界でも必要になっていくと感じる。
簡単なことでいえば、ダイレクトメールの文字の大きさなども、再考する時代になってきていると考えている。
身近に感じることだけでなく、社会動向などのマクロな視点を持っていきたい。

3685回 10秒めし

藤原です。
最近、仕事やプライベートでも忙しい人が増えており、ゼリー型の食べ物が増えているという。
最近では、飲むおにぎりや飲むカレーなどが開発され、非常に販売が好調だという。
ある機関の調査によると男性会社員の昼食時間は、約21分と25年前と比べて2割減少したという。
残業時間の抑制もあり、仕事しながら昼食をとる人が増えている現象の中で10秒めしは、まだ伸びていくと予想されている。
働き方改革により、更に様々な変化が考えられる。
変化からチャンスを見つけていきたい。

3684回 令和

藤原です。
新元号の令和にあやかる商売が活気づいている。
様々な令和に関連づけた商品やサービスが増加しており、いよいよ新しい元号の年になると実感する。
一つの事柄に日本がまとまることの経済効果を体感しており、パワーを感じる。
終了すれば熱が冷めるイベントと違い、しばらくは令和関連の盛り上がりが続いていくと感じる。
来月から始まる令和時代を楽しみにしたい。

3683回 人手不足型倒産

藤原です。
最近、2018年の倒産件数が昨年比3%減の8111件と発表された。
全体では減少しているが、飲食や介護などの倒産件数は3年連続増加傾向にあるという。
人の力が重要な労働集約型産業での倒産が増加しており、人手不足が倒産へ影響するまでに深刻になっているという。
動物病院も労働集約型産業に含まれる。
求人は経営の重要な要素だと、しっかり認識しないといけない時代になってきたと感じる。
どうせ募集しても来ないからと諦めないで、全力で採用活動に取り組んでもらいたい。

3682回 ネーミング

藤原です。
先日、テレビで野菜通販会社の成長が放送されていた。
全国の農家を周り、質の高い野菜を仕入れて、販売するというビジネスモデルであり、高い金額設定でも売れるという。
さらに、質が高くても農家が普通に販売してもあまり売れない野菜に、わかりやすく魅力的な名前をつけることで、消費者への訴求を高めていることに驚いた。
マーケティングの一部には、ネーミングがあり、ネーミングが売上を左右することが多々ある。
品質だけではなく、マーケティングとの相乗効果で販売は伸びていく。
ネーミングは、コストのかからないマーケティング手法である。
今一度、見直していきたい。

3681回 就職説明会&交流会

藤原です。
フィラリア明けに開催する学生就職説明会と地方の獣医学生との交流会の概要が決まってきた。
フィラリア明けから、様々な学生と会員様との出会いの場をプロデュースしていく。
さらに、今までとは違った形で、獣医師、動物看護師、トリマーと動物病院が出会うことのできる事業を計画している。
基盤になっている求人サイトの動ナビと学生ライングループインフォアを活用し、様々な新しい出会いを実現していきたい。

3680回 人手不足解消の切り口

ある大手宅配業者は、アパレル企業と組み通販で販売している靴や服を駅などにあるリフォーム店に取り寄せ試着できるサービスを始めた。
アパレル通販は返品率が高く、宅配業者には負担の大きい業種であるという。
試着という接点で物流量を減らし、返品率を下げることで、人手不足対策の一環とする狙いだという。
販売のミスマッチを防ぐために、大手アパレル通販が試着無料化したり、採寸スーツを配布することとは、全く意味が違う試みである。
宅配業者がこのような対策を講じるほど、人手不足は深刻になっている。
今後、様々な業種でも人手不足対策の切り口は多種多様になってくると感じる。
広い視野から、人手不足対策のための効率化の切り口を考えていきたい。

3679回 トリミング

藤原です。
犬の高齢化により、病院でのシニアトリミング需要が高まっている。
シニアトリミングをトリミングショップが敬遠するということもあり、病院でのトリミング需要が増加している。
シニアトリミングの価格を再考する病院もあり、需要と供給のバランスが崩れだしている。
トリマー採用が鍵になるが、需要に応えられる体制を作れば、一つの強みにシニアトリミングはなる。
大きな視点でシニアトリミングを考えていきたい。

3678回 コインランドリー併設

藤原です。
最近、コインランドリーを併設する様々な業態が広がっている。
喫茶店と併設、フィットネスクラブと併設、スポーツジムと併設、ペットシャンプーの店と併設など、様々な業態とコインランドリーを併設するケースが増えている。
更に、ペット用品やスニーカーウォッシャーなど特殊な洗濯物を洗える機材なども導入している。
近年、共働き世帯が増加してコインランドリーの需要が高まっている。
様々な世の中の変化により、需要は変わってくる。
しっかりとキャッチアップしていきたい。

3677回 動フェス確定

藤原です。
先日、開催した動フェスは195名の学生集客があり、非常に盛り上がった。
約60パーセントが獣医学生であり、獣医学生に対する認知度が上がってきていると実感する。
今度、さらに集客を増やして、さらに活気ある就職説明会にするための方向性は見えてきた。
すでに、来年に向けた活動は始まっている。
動フェスをしっかりと育てていきたい。

3676回 脱プラ

藤原です。
最近、様々な企業で環境に対して悪影響を与えるプラスチックの使用を控える動きができている。
ホテル内で使うストローを木製、紙製に変えたり、買い物袋をビニールから紙製に変えたりしら脱プラに対応している。
海外では、環境や企業の社会的責任などに対して消費者の意識が高い。
ブランドイメージ向上のため、脱プラする企業もあるが、真剣に環境保護を考えていきたい。

3675回 初任給

藤原です。
大手企業が初任給をあげる動きになってきている。
人手不足により、新卒採用はやはり最も重要な組織戦略であり、未来につながるという認識が強くなってきている。
しかしながら、初任給をあげることの弊害になることが年功序列賃金の仕組みである。
年功序列賃金体系では、初任給をあげることが全ての年齢で影響していくからである。
新卒を採用する難しさから、今後、様々な慣習が変化する可能性がある。
しっかりと、全体を見ながら考えていきたい。

3674回 値上げ

藤原です。
四月から牛乳やヨーグルトなど、様々な物品の値上げが始まっている。
実質的な収入があがらない中での値上げは、非常に生活に影響する。
しかしながら、あまり、値上げを意識していない人が多い。
このような値上げは、毎年、続いている。
しっかりと、世の中の変化はとらえていきたい。

3673回 需要期

藤原です。
四月に入り、動物病院業界で忙しい需要期に入ってきた。
狂犬病予防やフィラリア予防時期は、やはり、忙しい時期である。
この時期は忙しいが、需要期だからこそ、オペレーションの改善など効率化に着手していたかが、重要になる。
需要期が始まり、忙しい時期にどのように来年の需要期を改善できるようにしていけるかという未来志向の視点が必要になる。
目の前のことだけに振り回されず、しっかりと先を見据えて、需要期を過ごしてもらいたい。

3672回 就活費用と退職代行

藤原です。
新卒で学生が就職するために必要な交通費、宿泊費用などの就活費用平均は約16万だという。
学生からすると、この金額は非常に大きく、学生の負担になると感じる。
このようなお金をかけて就職するにもかかわらず、入社直後に退職代行を使ってやめるケースも増えているという。
退職代行とは、本人に代わって、退職の意向を伝える代行会社であり、本人が言わずに退職させるサービスである。
就職にかかわる費用やサービスは、どんどん変化している。
就職にかかわる変化をしっかりと捉えていきたい。

3671回 改元記念

藤原です。
先日、元号が令和に決まったが、予想以上に国民の意識が一つになり驚いている。
個人的に平成に変わる年も経験しているが、今回の改元の方が意識統一され、前向きな改元だと感じる。
改元記念の商品やイベントなど、様々な事柄があり、一定の経済効果が感じられる。
今後、さらに改元記念と銘打たれる商品やイベントは開催されるだろう。
秋の増税前に、楽しい気分が消費にどのような効果を生むか見ていきたい。