藤原慎一郎 ブログ

3606回 動フェス画像

藤原です。
三月に弊社主催の獣医学生、動物看護学生が参加する就職説明会である動フェスが開催される。
過去二回開催しており、いずれも160名程度の学生が参加する就職説明会であり、非常に活気がある場になっている。
この度、動フェスの様子がわかるように、開催している雰囲気と学生インタビューの動画を作成した。

がアドレスである。
是非、一度雰囲気を見ていただきたい。

【再掲】採用支援サービス開始しました

藤原です。

先日ご案内した弊社の採用支援サービスと
50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績掲載ページのリンク先を
再度掲載する。

ぜひご覧いただきたい。

以下はURL である。

スマホサイト
http://f-snc.com/mob/recruit_consulting/index.html

ホームページ
http://f-snc.com/recruit_consulting/index.html

弊社が構築してる学生団体や日本最大の獣医学生発信媒体LINE、弊社運営の求人サイト、就職説明会などがまとまったサイトになっている。

また、50会員様分を抜粋した売上の伸び率実績を掲載した。会員様の一部になるが、要望があり掲載することにした。
以下はURL である。

スマホ
http://f-snc.com/mob/consulting/kind.html

ホームページ
http://f-snc.com/consulting/index.html

守秘義務があるため病院名などは、割愛させていただいているが、まだまだ成長出来る可能性を感じていただけるんじゃないかと考えている。

これからも定期的にホームページをリニューアルし、訪問者が見やすく、役立つように努力していきたい。

3631回 交流会

藤原です。
先日、国立の獣医大学の学生と会員の動物病院様との交流会を行なった。
非常に活発な交流会になり、終始、賑やかな雰囲気で交流会は開催された。
実習の約束なども、多くの会員様が学生と交わされており、有意義な時間になった。
また、新しい運営ノウハウも蓄積され、来月の動フェスにおいても活用できると感じている。
フィラリア明けから、また、就職説明会や交流会を多々、計画している。
更に会員様に良い出会いを提供していきたい。

3630回 動物看護学生セミナー

藤原です。
先日、はじめて、動物看護学生に向けて専門学校で業界動向を講演した。
今まで獣医学生に向けて大学で講義したことはあったが、やはり、動物看護学生向けは勝手が違い勉強になった。
講義している最中はわからなかったが、アンケートでは多くの前向きなコメントをしていただき、非常に嬉しかった。
昨年までで獣医学生との繋がりは大分強くなっている。
今年からは動物看護学生や動物看護師、トリマーとの繋がりを強化していきたい。

3629回 フィラリア準備

藤原です。
いよいよ、早期割引を実施する動物病院様はフィラリア時期の本番を迎える。
フィラリア時期のダイレクトメールなどの準備で、弊社コンサルタントも頑張っている。
この事前準備が、フィラリア時期の成果を決める。
かつてあった繁忙期よりもフィラリアカーブはなだらかかにはなっているが、需要期である。
しっかりと、準備していきたい。

3628回 スキー場の復活

藤原です。
バブル期に、スキーが流行しスキー場は盛況であったがバブル崩壊後、下火になってきた。
しかしながら、昨今は復活しスキー場は盛況になってきている。
これは、団塊ジュニア世代が親になりスキー場に子供を連れてくるということもあるが、やはりインバウンドの増加である。
雪が降らない国の人がスキー場に来るということもある。
面白い現象として、スキーやスノーボードの上級者の外国人が増加しているという。
あるスキー場では、上級者の外国人だけをターゲットにしマーケティングした結果、倒産から立ち直った。
今後、インバウンドの力で勢いが復活する現象も更に増えていくと感じる。
発想を広げていきたい。

3627回 動フェス

藤原です。
いよいよ来月に弊社主催の大規模動物病院就職説明会の動フェスが開催される。
昨年より早いペースで学生から申し込みがあり、すでに100名に迫る勢いである。
様々な弊社の学生に対する活動や弊社の学生団体サスティーズの頑張りによって、動フェスの認知度が高まってきたと感じる。
来月末の開催なので、まだ、開催まで1か月以上ある。
非常に楽しみである。

3626回 個室の提供

藤原です。
最近、駅の構内にボックスを設置し、プライベートで個人が利用できるサービスが流行しだしているという。
今まで、電車やカフェなどでパソコンを使用し、仕事をしていたビジネスマンが利用するという。
オフィスビルなどでも、同様のボックスを設置するサービスの実施も始まっているという。
また、商業施設では正面入口にボックス型の授乳室を設置する企業も増えだした。
個室というプライベート空間を望んでいる人は意外と多い。
新しいビジネスになると感じた。

3625回 考える力

藤原です。
先日、ある経営者の方とお話しする機会があった。
その中で自分が必要とし、昇格させるスタッフの話が出た。
その人の評価基準は考える力だという。
しかしながら、素晴らしいアイデアを考える力という意味ではなかった。
ミスをしたら、次にミスをしないために何が必要か?さらに発展させるためには何が必要というような考える力だという。
考える力を持っていくために、考えることを癖付けることは可能である。
しっかりと考える力を身につけていきたい

3624回 交流会

藤原です。
先日、弊社主催の国立大学の獣医学生と会員様の食事会である交流会を開催した。
交流会の開催も数を重ねることで、運営ノウハウも蓄積されて来ており、スムーズな交流会となった。
活発な情報交換により、病院と多くの学生との良い縁もできそうである。
実習の約束なども、交流会の場でできており、学生の方からもお礼を言われている。
また、来週も交流会がある。
非常に楽しみである。

3623回 猫セミナー

藤原です。
今月、弊社では久しぶりに猫をテーマにしたセミナーを実施する。
コンサルティングの現場でしっかりとノウハウを蓄積し発表できる段階になったためセミナー開催することになった。
最新の発表では、猫の頭数の減少傾向はとまり上昇に転じ出している。
今後、猫ちゃんは非常に重要な要素となっていくと感じている。
是非、最新の猫に関する事例を聞いていただきたい。
詳細はこちら → peraichi.com/landing_pages/view/snc52/?utm_source=mail&utm_medium=19011106

3621回 インスタ就活

藤原です。
最近、徐々にではあるがインスタで就職先にアプローチをする人が増えているという。
インスタでお店や企業などをフォローし、興味を持った企業にダイレクトメッセージをし、面接になる流れである。
日頃から写真を見ているため、やり取りがスムーズでミスマッチが少ないという。
これから、様々な切り口でのマッチングは増えてくるように感じる。
キャッチアップしていきたい。

3620回 動物看護学生

藤原です。
先日、動物看護学生向けセミナーの打ち合わせを担当者と行った。
色々、お話をしていると、担当者が懸念していることがわかってきた。
動物看護学生と日頃から付き合っている先生などは、様々な思いを抱いている。
先生達と生徒の年齢差からも、様々なギャップが生まれている。
今後、動物看護学生の嗜好をしっかりと把握していきたい。

3619回 有効求人倍率

藤原です。
人手不足と言われて久しいが、数値でみると昨今は有効求人倍率という1人に対する求人倍率が1.6程度であるが2012年は0.9であった。
わずか、7年程で求人倍率が二倍近くまで跳ね上がり、買い手市場から売り手市場に逆転した。
この傾向は高齢化と少子化などから、更に進んでいくと想定できる。
時系列な変化と数値で捉えることにより、様々な事柄が理解できる。
来月のセミナーでは、このような変化を整理して、お伝えしていきたい。
是非、参加して平成を再確認して、新しい元号の年に向かってもらいたい。

3618回 AIによるオススメ

藤原です。
最近、AIを使って消費者一人一人におススメを探すサービスが増えているという。
店頭やネット上に情報が溢れ、多くの情報の中から選別するストレスを感じる人が多くなってきている。
例えば、試飲とキーワードなどから好みにあった日本酒をAIが探すサービスや、どのくらい試着した眼鏡が似合っているかAIが判断するサービスなどがある。
今後、人手不足とも連動し、様々なAIによるリコメンドサービスは増えてくるだろう。
逆に人によるオススメは、更に重要で価値のあるサービスになるかもしれない。
迷っている消費者が多いということを認識し、サービスを考えていきたい。

3617回 男性の単身世帯

藤原です。
昨今では単身世帯が全世帯の35%をしめ、三軒に一軒が単身世帯になっている。
晩婚化や未婚化、死別など要因は様々であるが、ある機関の推定では2035年には世帯の半分が単身世帯になるという。
女性の単身世帯はコミュニティが多いが、男性は非常に少なく、退職すると社会との接点がなくなり、孤立していくケースが多いという。
最近、このような男性の単身世帯向けサービスが模索されだしている。
男性向けの料理教室などが一列である。
このような男性の単身世帯向けサービスは、今後、更にマーケットを伸ばしていく可能性がある。
注意して、キャッチアップしていきたい。

3616回 求人イベント

藤原です。
三月までに、学生との交流会や就職説明会である動フェス、獣医大学でのパンフレット設置募集、動物看護学生セミナーなど、リクルーティングに関するイベントが多々ある。
会員様に少しでも、多くの出会いを実現してもらいたいと考え、様々な活動をしてきたが、色々実現し、嬉しい限りである。
学生団体サスティーズや学校関連の人達など、様々な人達の協力によって、実現でき本当にありがたいと感じる。
まずは、フィラリア予防前に出会いを実現してもらいたい。

3615回 富裕層のコト消費

藤原です。
あるカタログギフトを販売している企業では、富裕層向けのギフトカタログを作っている。
このギフトの中には、能などの伝統芸能や宝塚歌劇などの商品もあり、このようなコト消費の売り上げが増加しているという。
ものがある程度手に入る富裕層には、コト消費が大切になっている。
訪日客でも、富裕層は体験を買うよりになり爆買いも減少してきている。
コト消費へのニーズはこれからもどんどん増えてくると感じる。

3614回 実質賃金

藤原です。
政府の統計資料の不備により、様々な統計の真偽が論じられている。
最近では、2018年の実質賃金の伸びがかさ上げされていたことが発覚した。
民間の独自の試算では、ほとんどが実質賃金をマイナスにしているという。
名目賃金は伸びるが、実質賃金が伸びない状況は今度も続く可能性が高い。
実質賃金が伸びないと消費に活力が生まれない。
しっかりと経済動向をみていきたい。

3613回 70代消費

藤原です。
ある調査機関の発表によると70代の消費は「ミーイズム〔自分主義〕」「手軽さ」「キープヤング」がキーワードになるという。
2020年には70代の人口が最も多いゾーンとなり、消費対象として重要な位置づけになるという。
具体的には、一人で楽しめるレジャーや美容院、自宅でのヘアカラーなどが70代消費で伸びているという。
今までの固定概念では、様々な年齢やカテゴリーの消費志向は読み解けない。
柔軟に対応していきたい。

3612回 ラストセミナー

藤原です。
来月で、平成は最後の月になるため、弊社では平成最後のセミナーを実施する。
また、来月でこのブログも10年になり、毎日アップしてきたブログも3650回を数えることになり、これを記念し、セミナー料金は無料にしようと考えている。
平成13年の2001年から、動物病院経営をお手伝いするようになり、様々な業界の変遷を見てきた。
今回のセミナーは、平成の歴史を振り返り、普遍的な原理原則や変化していった手法などを整理して、お伝えしたいと考えている。
元号はまだ不明であるが、新しい元号になって進むために、一度頭を整理することができるセミナーになる。
始まりのためのラストセミナーである。
是非、参加していただきたい。

3611回 表現による理解

藤原です。
先日、あるビジネス書の内容を舞台台本に変化させた演劇を観覧した。
不思議の国のアリスをモチーフに、ビジネス書のマネジメント内容を融合させていた。
非常に面白い内容であり、理解しやすい表現になっていた。
このような表現なら、子供が見てもビジネスが理解しやすくなると感じた。
今後、海外のように日本の教育の中にもビジネスに関する内容やお金に関する内容が増えていく可能性がある。
ビジネスやお金に関わる新しい表現方法が広がっていくと感じる。