藤原慎一郎 ブログ

3679回 トリミング

藤原です。
犬の高齢化により、病院でのシニアトリミング需要が高まっている。
シニアトリミングをトリミングショップが敬遠するということもあり、病院でのトリミング需要が増加している。
シニアトリミングの価格を再考する病院もあり、需要と供給のバランスが崩れだしている。
トリマー採用が鍵になるが、需要に応えられる体制を作れば、一つの強みにシニアトリミングはなる。
大きな視点でシニアトリミングを考えていきたい。

3678回 コインランドリー併設

藤原です。
最近、コインランドリーを併設する様々な業態が広がっている。
喫茶店と併設、フィットネスクラブと併設、スポーツジムと併設、ペットシャンプーの店と併設など、様々な業態とコインランドリーを併設するケースが増えている。
更に、ペット用品やスニーカーウォッシャーなど特殊な洗濯物を洗える機材なども導入している。
近年、共働き世帯が増加してコインランドリーの需要が高まっている。
様々な世の中の変化により、需要は変わってくる。
しっかりとキャッチアップしていきたい。

3677回 動フェス確定

藤原です。
先日、開催した動フェスは195名の学生集客があり、非常に盛り上がった。
約60パーセントが獣医学生であり、獣医学生に対する認知度が上がってきていると実感する。
今度、さらに集客を増やして、さらに活気ある就職説明会にするための方向性は見えてきた。
すでに、来年に向けた活動は始まっている。
動フェスをしっかりと育てていきたい。

3676回 脱プラ

藤原です。
最近、様々な企業で環境に対して悪影響を与えるプラスチックの使用を控える動きができている。
ホテル内で使うストローを木製、紙製に変えたり、買い物袋をビニールから紙製に変えたりしら脱プラに対応している。
海外では、環境や企業の社会的責任などに対して消費者の意識が高い。
ブランドイメージ向上のため、脱プラする企業もあるが、真剣に環境保護を考えていきたい。

3675回 初任給

藤原です。
大手企業が初任給をあげる動きになってきている。
人手不足により、新卒採用はやはり最も重要な組織戦略であり、未来につながるという認識が強くなってきている。
しかしながら、初任給をあげることの弊害になることが年功序列賃金の仕組みである。
年功序列賃金体系では、初任給をあげることが全ての年齢で影響していくからである。
新卒を採用する難しさから、今後、様々な慣習が変化する可能性がある。
しっかりと、全体を見ながら考えていきたい。

3674回 値上げ

藤原です。
四月から牛乳やヨーグルトなど、様々な物品の値上げが始まっている。
実質的な収入があがらない中での値上げは、非常に生活に影響する。
しかしながら、あまり、値上げを意識していない人が多い。
このような値上げは、毎年、続いている。
しっかりと、世の中の変化はとらえていきたい。

3673回 需要期

藤原です。
四月に入り、動物病院業界で忙しい需要期に入ってきた。
狂犬病予防やフィラリア予防時期は、やはり、忙しい時期である。
この時期は忙しいが、需要期だからこそ、オペレーションの改善など効率化に着手していたかが、重要になる。
需要期が始まり、忙しい時期にどのように来年の需要期を改善できるようにしていけるかという未来志向の視点が必要になる。
目の前のことだけに振り回されず、しっかりと先を見据えて、需要期を過ごしてもらいたい。

3672回 就活費用と退職代行

藤原です。
新卒で学生が就職するために必要な交通費、宿泊費用などの就活費用平均は約16万だという。
学生からすると、この金額は非常に大きく、学生の負担になると感じる。
このようなお金をかけて就職するにもかかわらず、入社直後に退職代行を使ってやめるケースも増えているという。
退職代行とは、本人に代わって、退職の意向を伝える代行会社であり、本人が言わずに退職させるサービスである。
就職にかかわる費用やサービスは、どんどん変化している。
就職にかかわる変化をしっかりと捉えていきたい。

3671回 改元記念

藤原です。
先日、元号が令和に決まったが、予想以上に国民の意識が一つになり驚いている。
個人的に平成に変わる年も経験しているが、今回の改元の方が意識統一され、前向きな改元だと感じる。
改元記念の商品やイベントなど、様々な事柄があり、一定の経済効果が感じられる。
今後、さらに改元記念と銘打たれる商品やイベントは開催されるだろう。
秋の増税前に、楽しい気分が消費にどのような効果を生むか見ていきたい。

3670回 フィッシュ哲学

藤原です。
組織を活性化させるマネジメント手法にフィッシュ哲学というものがある。
アメリカのシアトルの魚市場で、従業員が自主的に世界で有名な魚やになりたいという動機から、組織体制と働き方を変えたことが理論のベースになっている。
従業員同士が、魚を投げて渡すパフォーマンスが話題になり、世界的に魚市場は有名になった。
注意を向ける、遊ぶ、喜ばせる、態度を選ぶという4つのマインドが根幹になっている理論である。
病院などでも取り入れている組織マネジメント手法である。
キャッチアップしていきたい。

3669回 治療フード配達

藤原です。
ある食品企業は動物病院と連携し、治療中のペットに病気のペット向けフード配達サービスを開始するという。
まず、獣医師が専用サイトで栄養学に基づいたペットフードを飼い主に提示する。
そして、そのメーカーが獣医師の指導に基づいたフードを配達するという。
様々な病気に対応できる種類があり、最短で翌日に届くという。
良くも悪くも、様々なサービスが開発されてきている。
キャッチアップしていきたい。

3668回 新元号

藤原です。
本日、新しい元号が発表される。
平成という年は、非常に長いようであっという間に過ぎていった。
どのような元号になるかは、あと、数時間後に発表されるが、気持ちの切り替えになると感じる。
新しい元号から続く年を良くしていくことは、自分自身のマインドだということを再確認していきたい。
新しい元号が楽しみである。

3667回 出会いのインフラ

藤原です。
先日、第三回の弊社主催就職説明会の動フェスが終了した。
参加学生数も過去最大となり、非常に賑やかな就職説明会となった。
都心の参加者のみならず、地方の獣医大学の学生の参加もあり、地方で開催している交流会との相乗効果を感じる。
また、2500人まで参加学生が増加した、弊社が作っている学生ライングループ、インフォアの影響も実感している。
これらのインフラを更にブラッシュアップし、新しい出会いを創造していきたい。

3666回 カジュアルアートオークション

藤原です。
最近、芸術作品を身近に感じ、購入できるカジュアルアートオークションというシステムが出てきている。
そのオークションは、参加資格がいらないため一般の人が自由に参加でき、アーティストが作品への想いなどをプレゼンし、落札価格が決まっていく。
従来では、資格を持ったバイヤーしか参加出来ず、かつ、作品も無名のアーティストの物は出品されないアートオークションであるが、カジュアルにアートと出会うことができるため、人気が出てきたという。
新しい仕組みを作れば、従来以上に様々な情報は、様々な対象に広がっていく。
非常に興味深い仕組みである。

3665回 動フェス

藤原です。
本日、弊社主催の就職説明会、動フェスが開催される。
大勢の参加学生と45病院の会員様とか出会う業界最大規模の就職説明会である。
今年で3回目になり、弊社でもノウハウが蓄積してきたので、楽しみである。
この動フェスがプライドになり、学生には浸透してきていると実感している。
更に、動フェスを進化させ、様々な化学反応を起こしていきたい。

3664回 伸びない人材

藤原です。
先日、上場企業の役員であり、子会社の社長をされている先輩と食事させていただいた。
戦略論や組織論など様々なお話をさせていただき、非常に参考になった。
その中で、伸びない人材の話題になった。
その先輩は1000人近くはマネジメントされてきたが、頑固でプライドが高い人材は、共通して成長が止まるとおっしゃってた。
やはり、様々な成功者が頑固でプライドが高い人材は成長しないという。
伸びる人材で居続けるために柔軟で謙虚に生きていきたいと感じた。

3663回 スマートシニア

藤原です。
最近、健康志向が強く、ネットを使いこなして情報収集することスマートシニアが増えているという。
ネットの普及により、シニアの中でもしっかり情報収集し、賢い消費者がいる。
老後の不安をかかえ、シニアの関心がある分野は健康、経済、孤独という。
この分野の不安を払拭する生き方をスマートエイジングといい、年を重ねることによる体の変化に賢く対応し、成熟していくという概念である。
今後、スマートシニアは増えていくと予想されている。
スマートシニアをアクティブシニアと同様、意識していきたい。

3662回 パートナーシップ

藤原です。
最近、様々なパートナーシップを弊社では組み出している。
社労士や弁護士はもちろん、ネット関連などの企業ともパートナーシップを組み、より質の高い情報を会員様に提供できる体制を構築しつつある。
様々な分野で課題などが高度化し、幅広い知識が必要になってきている現実を鑑みた。
会員様にとって、有益なことは何かをしっかりしてる考え、弊社の体制を構築していきたい。

3661回 動フェス

藤原です。
今週末、いよいよ弊社主催の就職説明会である動フェスが開催される。
学生参加も順調に推移しており、当日の出会いが楽しみである。
動フェスも今年で3回目となり、様々なノウハウが蓄積されてきた。
今後、さらに動フェスを発展させていき、新たな試みも考えていきたい。
週末が楽しみである。

3660回 マイクロブタカフェ

藤原です。
猫カフェやフクロウカフェなどに続き、最近ではマイクロブタと触れられるカフェが流行しているという。
マイクロブタは、イギリスで品質改良されたブタで、大人になってもあまり大きくならない。
イギリスでは、ブタは家族の一員として扱われているという。
休日のカフェは250人程度来場があり、満席状態が続いている。
インスタの影響もあり、マイクロブタを飼う人も増えているという。
今後の展開が楽しみである。