藤原慎一郎 ブログ

4870回 ジーハン募金


藤原です。
あるスーパーでは店前に設置している自動販売機の売上によって、子供食堂に寄付している。
仕組みとしては、自動販売機の売上でふるさと納税し、食材を子供食堂に送るというものである。
これは、ジーハン募金と名づけられ、高校生がSDGSの授業中に考えたものだという。
今後、さらに様々なSDGSを見据えた仕組みが若者から出てくると予想できる。
大人も環境意識を高めていく必要がある。