藤原慎一郎 ブログ

4153回 街食


藤原です。
函館はコロナ禍においても、宿泊施設と街の飲食業は一定レベルで経営が安定しているという。
函館のホテルの多くが、泊食分離をかかげ夕食を提供せずに、街の飲食店を宿泊客に紹介している。
街の飲食店はコース料理など作り、タクシー代も考慮した値段設定を実施する。
ホテルは一括でタクシーを含めた料金を宿泊者からもらい、マージンなどはとらずに、飲食店やタクシー会社に振り込むという。
今まではホテルが宿泊客を囲い込むため、夕食を提供するのが当然だったが、街の飲食店に開放することで宿泊客の楽しみが増え、リピートが増加しているという。
このようなスタンスが街全体を活性化させ、更に自分たちの経営の安定につながる。
新しいスタンダードになる取り組みだと感じた。