藤原慎一郎 ブログ

4046回 第三四半期最終日


藤原です。
本日で年間の4分の3の期間が終わり、明日から最終の期に入る。
通年では、最終の期は今年の末までの追い込みと来年の仕掛けが始まる期になる。
しかしながら、今年は最終の期の動向をキャッチする必要性があり、来年の仕掛けは流動的に変化するイメージを持ちたい。
秋から冬のコロナと景気動向を見据えながら、来年をイメージし一度立てた計画も柔軟に変化させることが大切である。
広い視野とスピード感を意識していきたい。