藤原慎一郎 ブログ

4033回 サーキュラーエコノミー


藤原です。
現在、環境負荷低減の取り組みのリユースやリデュース、リサイクルという3Rの取り組みを推進している企業は多々ある。
最近では、そもそも廃棄物や環境や健康に有害な汚染を生み出さないという観点からビジネスを構築するサーキュラーエコノミーという概念が高まっている。
海外では、サーキュラーエコノミーへの取り組みが盛んであり、メーカーや小売、回収する業者までが手を組んで実践している。
これは、気候変動などを含めた社会的な課題を解決しなければ自分たちの事業が立ち行かなくなるという企業が多いため、サーキュラーエコノミーを実践しているという。
今後、このような意識が日本でも高まってくると感じる。
しっかりと時間をかけて取り組んでいきたい。