藤原慎一郎 ブログ

2812回 シーンマーケティング


藤原です。

ある多角的に生活用品を開発する企業では、開発担当者が生活シーンの中から、不便や不満を探し出す。

そして、それを解消していくマーケティングの流れとしてそれらを解消していくシーンマーケティングという考え方を基礎としている。

また、アイデアも先進性に着目するのではなく、なるほどという感覚があるかどうかに重点をおく。

生活シーンを想像するからこそ、消費者が納得できる商品開発ができる。

シーンマーケティングを大切にしていきたい。