藤原慎一郎 ブログ

4386回 家庭用ロボット


藤原です。
あるシンクタンクの試算によると、世界の家庭用ロボット市場規模は20年に前年比33.5%アップの1兆3461億円になったという。
コロナ禍の巣ごもりから、スマートスピーカーやロボット掃除機需要が高まったことが要因だという。
25年には2兆3970億円の市場規模まで伸びると予想されている。
今後、様々な家庭用ロボットが市場に投入され、更に一般化していく。
家庭用ロボットは、少子高齢化などの要因により、無くてはならないものになってくるかもしれない。