藤原慎一郎 ブログ

3668回 新元号

藤原です。
本日、新しい元号が発表される。
平成という年は、非常に長いようであっという間に過ぎていった。
どのような元号になるかは、あと、数時間後に発表されるが、気持ちの切り替えになると感じる。
新しい元号から続く年を良くしていくことは、自分自身のマインドだということを再確認していきたい。
新しい元号が楽しみである。

3667回 出会いのインフラ

藤原です。
先日、第三回の弊社主催就職説明会の動フェスが終了した。
参加学生数も過去最大となり、非常に賑やかな就職説明会となった。
都心の参加者のみならず、地方の獣医大学の学生の参加もあり、地方で開催している交流会との相乗効果を感じる。
また、2500人まで参加学生が増加した、弊社が作っている学生ライングループ、インフォアの影響も実感している。
これらのインフラを更にブラッシュアップし、新しい出会いを創造していきたい。

3666回 カジュアルアートオークション

藤原です。
最近、芸術作品を身近に感じ、購入できるカジュアルアートオークションというシステムが出てきている。
そのオークションは、参加資格がいらないため一般の人が自由に参加でき、アーティストが作品への想いなどをプレゼンし、落札価格が決まっていく。
従来では、資格を持ったバイヤーしか参加出来ず、かつ、作品も無名のアーティストの物は出品されないアートオークションであるが、カジュアルにアートと出会うことができるため、人気が出てきたという。
新しい仕組みを作れば、従来以上に様々な情報は、様々な対象に広がっていく。
非常に興味深い仕組みである。

3665回 動フェス

藤原です。
本日、弊社主催の就職説明会、動フェスが開催される。
大勢の参加学生と45病院の会員様とか出会う業界最大規模の就職説明会である。
今年で3回目になり、弊社でもノウハウが蓄積してきたので、楽しみである。
この動フェスがプライドになり、学生には浸透してきていると実感している。
更に、動フェスを進化させ、様々な化学反応を起こしていきたい。

3664回 伸びない人材

藤原です。
先日、上場企業の役員であり、子会社の社長をされている先輩と食事させていただいた。
戦略論や組織論など様々なお話をさせていただき、非常に参考になった。
その中で、伸びない人材の話題になった。
その先輩は1000人近くはマネジメントされてきたが、頑固でプライドが高い人材は、共通して成長が止まるとおっしゃってた。
やはり、様々な成功者が頑固でプライドが高い人材は成長しないという。
伸びる人材で居続けるために柔軟で謙虚に生きていきたいと感じた。

3663回 スマートシニア

藤原です。
最近、健康志向が強く、ネットを使いこなして情報収集することスマートシニアが増えているという。
ネットの普及により、シニアの中でもしっかり情報収集し、賢い消費者がいる。
老後の不安をかかえ、シニアの関心がある分野は健康、経済、孤独という。
この分野の不安を払拭する生き方をスマートエイジングといい、年を重ねることによる体の変化に賢く対応し、成熟していくという概念である。
今後、スマートシニアは増えていくと予想されている。
スマートシニアをアクティブシニアと同様、意識していきたい。

3662回 パートナーシップ

藤原です。
最近、様々なパートナーシップを弊社では組み出している。
社労士や弁護士はもちろん、ネット関連などの企業ともパートナーシップを組み、より質の高い情報を会員様に提供できる体制を構築しつつある。
様々な分野で課題などが高度化し、幅広い知識が必要になってきている現実を鑑みた。
会員様にとって、有益なことは何かをしっかりしてる考え、弊社の体制を構築していきたい。

3661回 動フェス

藤原です。
今週末、いよいよ弊社主催の就職説明会である動フェスが開催される。
学生参加も順調に推移しており、当日の出会いが楽しみである。
動フェスも今年で3回目となり、様々なノウハウが蓄積されてきた。
今後、さらに動フェスを発展させていき、新たな試みも考えていきたい。
週末が楽しみである。

3660回 マイクロブタカフェ

藤原です。
猫カフェやフクロウカフェなどに続き、最近ではマイクロブタと触れられるカフェが流行しているという。
マイクロブタは、イギリスで品質改良されたブタで、大人になってもあまり大きくならない。
イギリスでは、ブタは家族の一員として扱われているという。
休日のカフェは250人程度来場があり、満席状態が続いている。
インスタの影響もあり、マイクロブタを飼う人も増えているという。
今後の展開が楽しみである。

3659回 個人向けコーヒー

藤原です。
あるコーヒーメーカーは、にがみや酸味などの個人データを分析し、そのデータに基づいたコーヒーを定期的に配達するサービスを始めた。
月ごとの定額制であり、千円程度で自分好みのコーヒーが配達される。
飲んだ感想をフィードバックすれば、更に好みにあったコーヒーが配達されるという。
成熟した市場にコーヒー市場はなっており、更に個人に対してのワントゥワンマーケティングが展開されてきている。
ライフサイクルが進むとワントゥワンに向かう。
ひとつの興味深い事例である。

3658回 値上げ

藤原です。
三月から食品や飲料などの値上げが始まっており、四月以降も様々な値上げが予定されている。
様々な値上げが続き、今後さらに生活において大きな影響を与える。
実質的な手取りが増えていかない中で値上げが続くと、消費者の購買意欲が下がるため、経済活動に勢いが戻ってこない。
告知されない状態でも、消費者はしっかり値上げを認識している。
値上げは悪いことではないが、誠意を見せていきたい。

3657回 情報回遊型広告

藤原です。
先日、セミナーでもお話ししたが、病院からの情報は発信だけではなくなっている。
以前は病院から不特定多数と特定多数に向けて、一方的に発信していた。
飼い主さんを経由する場合もあったが、基本的には一方通行の発信であった。
しかしながら、SNSの存在により特定多数から不特定多数へ発信されるようになり、飼い主さん同士での情報発信や飼い主さんではない人同士での発信などが出てきている。
そうなると情報は発信ではなく、回遊することになり、新しい動物病院の広告の概念は情報回遊型になっている。
これからの広告は更に回遊性は高まっていくと感じる。
情報回遊型の広告を意識していきたい。

3656回 ペットロスカフェ

藤原です。
ペットを亡くした悲しみを、店員やお客様同士で語り合うペットロスカフェという店舗がある。
話し掛けていいかどうかを、事前に提示し、話し掛けてよければ、会話が始まっていく。
一人で悲しみ続けるのではなく、同じような環境の人と語り合うことで、気持ちを塞ぎ込みすぎないようにしていくという。
今後、更に高度化が進み、ペットロスは増えていく。
ひとつの大切な業態だと感じる。

3655回 変なホテル

藤原です。
先日、ロボットを導入し無人化にしている変なホテルに宿泊した。
チェックイン手続きは、ロボットの指示により簡単に実施でき違和感なく行えた。
また、いたるところで顔認識でできることが多く、顔認識で入れるコンビニや、顔認識でルームキー無しで部屋に入れる仕掛けなどがあった。
ホテル側の人と全く合わなくても、違和感なく過ごせ、非常に快適であった。
人手不足解消のひとつのモデルと感じた。

3654回 イベント

藤原です。
最近、多くの会員様でイベントを実施することが多くなってきている。
これは、飼い主様向けとスタッフ向けという二つの方向性からのイベントである。
飼い主様向けには、ハロウィンや夏祭りなど実施する会員様もいらっしゃる。
スタッフ向けには、ディズニーツアーや運動会などを実施する会員様もいらっしゃる。
飼い主様同士、スタッフ同士のコミュニケーションが取れるイベントは非常にこの時代に重要だと感じる。
繋がりの結節点に、病院がなるように努力してもらいたい。

3653回 ホテルのデジタル化

藤原です。
最近、ホテルのデジタル化が早いペースで進んでいる。
人手不足解消のために、ロボットが宿泊客に対応するホテルがあったが、さらに、全てがネットにつながり、言葉の指示だけで終わるI o T客室を備えたホテルなどが出てきた。
更に、バーフロアの混雑状況などを画像配信し、出会いを求めるなら、混んでるとき、ゆっくり飲むなら空いている時と利用者がわけて使えるようにしている。
コミュニケーションのためのデジタル化と効率化のためのデジタル化が、更に増えていくと感じる。
非常に楽しみである。

3652回 Vチューバー

藤原です。
最近、売場に置いた画面で仮想キャラクターが接客する「バーチャルプロショッパー」通称Vチューバーが流行り出しているという。
Vチューバーのキャラクターを動かしているのは、販売員であり、遠隔操作で接客している。
導入したスーパーでは、このVチューバーが紹介するお菓子が、通常の三倍売れたという。
在宅で出来る仕事の幅が広がり、かつ、人手不足を解消する一つの仕組みになると感じる。

3651回 リーダーの自覚

藤原です。
ある大手ハンバーガーチェーンでは、研修などを充実させ経営者発想を持つ人材を育成している。
その中でリーダーの自覚を促す3つのキーワードがあるという。
一つ目は、「ビーヒアーナウ」というワードであり、その場に集中するという意味である。新人から話しかけられたら、その場で作業の手を止めて、耳を傾けるという。
二つ目は、「リーダーの影」であり後輩は自分の真似をすることを自覚するという意味である。
三つ目は「アスームイノセンス」という相手に悪意がないことを前提として考えるという思考である。
アルバイトの段階から、このようなことを教育されるという。
非常に素晴らしいと感じた。

3650回 10年

藤原です。
本日のブログで3650回という大きな節目になった。
毎日、10年間欠かさずブログを更新してきた結果、3650回を迎えることができた。
はじめは、自分の不得手な分野を矯正するために始めたが、最近ではブログを更新することが日常になっている。
このブログをはじめてから、様々な出会いや大きな人生の転換期などがあり、ブログを続けることの大切さを痛感してきた。
今後も平凡なことを非凡にやり抜くということを大切にしていきたい。

3649回 就職説明会

藤原です。
月末の動フェスから6月の交流会や就職説明会の開催がどんどん決まり出している。
多くの出会いの場を創出することにで、会員様の採用をサポートしたいという想いから、就職説明会や交流会を開催してきた。
様々な出会いの場が定着してきており、学生から問い合わせのあるケースも増えてきた。
更に、様々な新しい試みを計画している。
今後、多くの出会いを実現していきたい