藤原慎一郎 ブログ

3357回 プラチナ会員

藤原です。
先日、五年前に経営相談にお伺いした動物病院様とお話ししプラチナ会員になっていただいた。
お話ししていると、いつかはプラチナ会員になることを目標にして頑張っていたという。
非常に嬉しいお話しであり、感慨深く感じた。
五年前とは違うプラチナ会員サービスや、求職支援サービス、ニュースレターサービスなどをお話しすると、サポート力が格段に上がっているということで驚かれていた。
プラチナ会員が目標になるように、今後も進化していきたい

3356回 適性検査

藤原です。
採用において、適性検査を実施する会員様もいらっしゃる。
採用の判断は難しく、一つの指標としていたが評価と実際の働きは違うことが多々発生してきた。
また、売り手市場になったことにより求職者を選択もするが、求職者から選択をされるケースも増えてきており、適性検査をどのように位置づけるか難しくなってきている。
今後は、更に多様な人材を育てることのできる受け入れ側の環境やマネジメント力が必要になってくると感じる。
適性検査は一つの指標だと感じるが、様々な視点から人を見ていきたい。

3355回 仮想

藤原です。
最近、仮想現実などの機器や仮想通貨などが、よく世間で話題になる。
仮想という言葉は、事実でないことを仮にそう考えること。仮定しての想像と解説されている。
仮想という概念が強まれば、想像力が高まっていき構想は大きくなる。
しかしながら、実体がないことに対する虚無感も同時に発生する。
今後、この相反することがどのように折り合っていくかが注目される。
しっかりとみていきたい

3354回 想定外

藤原です。
先日、ある会社の経営者とお話をしていた。
それ時に、様々なトラブルのお話を聞くことができた。
非常に驚くようなトラブルであり、そのようなトラブルが日常茶飯事のように起こるとお話されていた。
しかしながら、想定外のことが起こり対応する事が刺激になり、想定内の幅が広がっていくことが楽しいと、その経営者はおっしゃっていた。
気持ちの持ちようでトラブルの対応も全く違うものになっていくと感じた。
想定外のことを楽しむスタンスを持ちたいと思う。

3353回 自分軸と他人軸

藤原です。
よく若手や学生とお話しすると、自分の経験則で話してくる大人が嫌だという言葉を聞く。
よくある自分の若い頃はという言葉からの自慢などである。
しかしながら、目線の高さを合わせてくれる話しは、やはり聞きやすいという。
結局、自分軸の人より、他人軸で考えている人が若手に受け入れやすいと感じる。
その後、信頼関係ができた後は、自分軸の話しを聞くことができる。
ステップを踏んでいきたい

3352回 繁忙期のコミュニケーション

藤原です。
忙しい繁忙期には、コミュニケーションをとることが非常に難しくなる。
しかしながら、繁忙期にコミュニケーションを取らないとミスなどが発生しやすくなる。
忙しいという状況だと、感情の方が先になり精神的に不安定になりやすい。
繁忙期だからこそ、しっかりとコミュニケーションを取る必要性があることを啓蒙する必要がある。
よく、忙しいとは心を亡くすと言われるが、しっかりこの意味を考えてコミュニケーションをとる機会を作って欲しい

3351回 AIの進展

藤原です。
最近、様々な分野でAI発展が進んでいる。
その人にあった旅行の提案であったり、人事評価であったりAIの活用が多岐に渡ってきている。
導入コストも下りはじめ、中小企業でも徐々に普及しだしている。
今後、更にAIは普及していくと感じている。
パソコンやスマートフォンが普及し、生活が一変したように、AIの普及によって様々な変化が起こると感じる。
柔軟に対応していきたい

3350回 オープンカレッジ無料招待

藤原です。
来月、弊社の勉強会オープンカレッジを開催する。
来月はテーマをマーケティングにし、WEBなどを中心にお話しする。
また、参加者同士でのディスカッションを行い、理解した内容を深掘りしたいと考えている。
今回から新しい形態を考えており、多数の人からの意見をいただきたいため、会員外以外での無料招待枠を数枠設定している。
年間四回の勉強会のため、6月の次は9月の開催となる。
是非、オープンカレッジを体験してもらいたい

3349回 今後の広がり

藤原です。
最近、様々な企業から様々な引き合いをいただくことが多くなってきた。
非常にありがたいことであり、愚直に研鑽してきたことが良かったのかと感じている。
大企業ではない弊社に可能性を感じていただけることは、非常にありがたいし、身が引き締まる思いである。
柔軟に発想し、新しいチャレンジができるように準備していきたい

3348回 仕事の概念

藤原です。
立場や成長速度など様々な人とお話しする機会があるが、仕事の捉え方が違うと感じる。
対処することを仕事の中心と捉える人と、未来を作る行動を仕事の中心と考える人の二種類の人がいる。
どちらが正しいか間違っているかはないが、トップは後者の方が成長しているケースが多いと感じる。
意外と仕事の充足感は、対処で追われている方がある場合が多い。
もちろん、トップや幹部以外は対処に追われることも多いし、仕方ないことである。
しかしながら、トップは対処では未来は作れない。
忙しいフィラリア時期だからこそ、考えていきたい。

3347回 国際基準

藤原です。
是枝監督の映画作品がカンヌ映画祭で、パルムドール賞を受賞した。
野球では、連日大谷選手の活躍が報じられている。
ビジネスの世界でも、日本発信の業態や中小企業の海外での活躍が報じられている。
30年前と比べると、日本は国際基準の中でも非常に基軸となる国になってきたと感じる。
弊社でも、香港に共同経営している動物病院を運営しているが、日本という国の強さを感じることが多々ある。
広い視野を持って、海外との垣根を取れば、まだまだチャンスはあると感じる。
柔軟に発想していきたい

3346回 高齢化

藤原です。
フィラリア時期に入り、忙しい病院も多くなっているが、忙しい要因が予防でなく治療である会員様が多々ある。
これは、わんちゃんの高齢化が非常に進んでいることと連動している。
数年前から、高齢化の進展により動物病院のスタイルや考えかたは変わってくるとお話ししていたが、更に拍車がかかったと感じる。
亡くなったわんちゃんの話もよく聞くようになっている。
再度、高齢化から今後のスタイルを考えていきたい

3345回 ゾゾスーツ

藤原です。
ファッション通販大手のゾゾタウンが、自動採寸スーツの改良版を発表した。
まだ、様々な問題点は残るが新しい試みであり、時代の変化を感じる。
市場が作られることは、今まで色々な現象で感じてきたが、ゾゾスーツはアマゾンも同じような実験を始めたことで盛り上がる可能性もある。
初期のスーツの失敗から学び、改良されたスーツである。
動向を見守っていきたい

3344回 インフォア2000人突破

藤原です。
弊社で運営している獣医学生や動物看護学生のLINEグループ、インフォアの登録人数が2000人を突破し、更に増えつづけている。
学生団体サスティーズや学校関係者のおかげで、非常に大きな影響力を持つ媒体に育ってきたと感じる。
学生が役立つ情報などを、学生からのリクエストなどからヒントを得て発信できていることもインフォアの魅力だと感じる。
また、求人サイトの動ナビや実習可能会員様情報を発信したり、実習に行った病院の感想など聞いたりしているが、様々な情報の送受信ができることも重要だと感じている。
今後、4000人登録を目指していく。
更にインフォアを育てていきたい

3343回 猫リフォーム

藤原です。
最近、大手住宅設備会社が三社集まり、共同で販促する試みを実施している。
生活シーンを10通りイメージし、そのイメージに当てはまるためのリフォームを提案する。
10通りのイメージの中には、猫と暮らすリフォームというものがある。
猫と暮らすということが、非常に多くなり生活シーンのイメージに入った。
壁にネコ用のステップや本棚を設け、臭いのつかない天井などを設置するようなリフォームを実施する。
猫の頭数が犬を上回ったため、様々な企業が猫をターゲットに企画を考えてくる。
情報をつかんでいきたい。

3422回 学生交流会

藤原です。
来月から各地で会員様と学生との交流会が始まっていく。
今年からはじめた学生交流会であるが、予想以上に良い出会いが生まれ、就職説明会、求人サイト、LINEグループと合わせて、就職媒体の柱となってきている。
交流会用のホームページなども作成し、学生たちが参加する魅力を感じるような仕組みも導入しはじめた。
今後、様々な試みを検討し更に多くの出会いの場を創造していきたい。

3421回 オープンカレッジ

藤原です。
6月に弊社の勉強会であるオープンカレッジを開催する。
WEB関係などのマーケティングを中心とした内容に、今回のオープンカレッジは構成している。
フィラリア時期も6月には落ち着き、今年の結果が見えてくるため、フィラリア時期の成功事例もお話しする予定である。
一年毎に様々な変化があり、他業種における影響などもあり、後半からの対策が早めに始まっていく。
今回から少ない枠ではあるが、無料体験も実施している。
是非、後半のスタートをしっかり切るために、オープンカレッジを利用してもらいたい

3420回 タクシーの変化

藤原です。
最近、タクシー業界では様々なメニューや企画が進んでいる。
相乗りをすることで、運賃を抑えたり、妊婦の方のサービスを作ったり、高齢者のための定額制度を作ったりと様々な切り口でメニューを作っている。
人を目的地まではこぶという目的を、様々な属性から考え、新しい切り口を発見している。
20年前などは、乗車拒否や運転手のマナーの悪さなど様々な問題を抱えていた業界であったが、非常に変化してきている。
ある意味、非常に参考になる業界だと感じる。
キャッチアップしていきたい

3419回 インフォア

藤原です。
新しい年度に入り、弊社が運営する獣医学生と看護学生が登録するLINE@のインフォアの入会促進が始まり出した。
すでに2000人に迫る登録数になっており、非常に嬉しく感じる。
インフォアに投稿するニュースやコラムなども非常に楽しく読んでいるという声もいただき、LINE@の運営をして良かったと感じる。
このLINEを使って、夏休み前には実習受け入れ告知を行う。
実習先を探している学生に、病院サイドから発信できる2000人規模の媒体は弊社にしかないと自負している。
このインフォアをしっかりと育てていきたい

3418回 オープンカレッジ

藤原です。
来月、勉強会であるオープンカレッジを開催する。
フィラリアの繁忙期明け、はじめの勉強会になるが、今年から更に内容をブラッシュアップしている。
今年も、来月で半分の月日が経過したことになり、後半を見据えていくことが必要になる。
参加型の勉強会のオープンカレッジの質を高め、有益な情報を提供していきたい。
今回は体験参加も募集する。
多くの動物病院の方々に、勉強会を体験してもらいたい