藤原慎一郎 ブログ

2317回 企画

藤原です。
先日、弊社ミーティングで実践事例の共有化を行った。
その中でコンサルタントが実践している様々な企画が発表された。
様々な会員様で、目的をもちながら、様々な企画を実践している。
企画はトライしていくことが重要であり、実践していくことで磨かれていく。
柔軟な発想で企画を実践してもらいたい

2316回 就職説明会、交流会

藤原です。
今月から就職説明会や学生交流会がスタートする。
様々な地方に会員様は訪問し、多くの学生と交流する。
最近の経営相談でも感じるが、採用は非常に重要なテーマである。
いずれにしても、学生に病院を認識してもらわないと採用は始まらない。
時間とコストをかけ、しっかりと採用戦略に取り組んでもらいたい

2315回 指標化

藤原です。
弊社では、様々な分析から独自の経営指標を作っている。
やはり、数値化された指標を目安に行動すると目標設定も明確になる。
また、共通意識も生まれ、一体化もしていく。
やみくもな経営は、再現性が低くなる。
指標を大切にしてもらいたい

2314回 地方セミナー

藤原です。
先日、名古屋で時流予測セミナーを開催した。
これからの業界動向、マーケティング戦略、アンケートを踏まえた採用戦略などをお話しした。
昨年、東京や大阪で開催した時流予測セミナーに参加したかったが出来なかった院長もいらっしゃった。
今後、地方セミナーを開催するかどうか未定であるが、機会があれば検討したいと感じる。
新しい出会いに感謝したい。

2313回 2月スタート

藤原です。
1月も終わり、今日から2月がスタートする。
1月を振り返った時に、どのような充足感を得ているかが、今年のスタートの月を測る尺度だと感じる。
2月は日数も少ないため、あっという間に過ぎ去っていく。
しっかりと行動し、充足感のある月にしてもらいたい

2312回 コンセプトによる展開

藤原です。
先日、筋肉食堂というレストランで食事をした。
筋肉をつけるというコンセプトのレストランで、お通しにプロティンが出てきた。
また、全てのメニューがカロリー計算されており、鶏肉も皮がない状態でグリルされていた。
基本的に肉のグリルという一般的なメニューが中心であるが、コンセプトにより価値が高まっている。
明確なコンセプトがあり、コンセプトを深堀していけば、差別化になっていく。
筋肉食堂も行列ができるほど、繁盛していた

2311回 実習予約

藤原です。
徐々に会員様の病院に獣医学生の実習予約が入り出している。
春休みの実習先を探している学生も多く、インフォアや就職説明会リスト、動フェスホームページなどから、弊社の会員様へ実習が誘導できている。
秋にプラチナ会員様になられた病院様は、今まで実習はなかなか来なかったが短期間で多くの実習生が来ているという、嬉しい報告もいただいている。
実習から採用はつながっていく。
大切な機会であると意識し、しっかりと実習生と対話してもらいたい

2310回 猫健診

藤原です。
この時期に猫の健診を実習する会員様は多い。
冬は猫の病気も多く、飼い主様の意識も高くなる。
10年以上、猫の健診を実施する会員様もいらっしゃるが、年々受診率もあがっている。
はじめは、猫健診の受診率は低い傾向であるが、継続することで、啓蒙できる。
是非、冬の猫健診を実施してもらいたい

2309回 接遇コンテスト

藤原です。
三月に弊社主催の接遇コンテストを開催する。
毎年、開催しているコンテストであり、今年で第三回を迎える。
接遇の重要性は多くの動物病院様で認識しているが、基準はあまりわからず、誉められることも少ないため、接遇に関するスタッフのモチベーションは下がりやすい。
スタッフのモチベーション維持のために、毎年参加される会員様もいらっしゃる。
今年は、ロールプレイングで飼い主様役を、舞台俳優にお願いしている。
是非、スタッフのモチベーションと成長のため、弊社の接遇コンテストを利用してもらいたい

2308回 ビジョンと時間軸

藤原です。
会員様の中には、非常に大きなビジョンを持たれている院長もいらっしゃる。
院長により、ビジョンは様々であり、それぞれに大きさがあることは、非常に良いと感じる。
大きなビジョンを持つことも良いことであるが、実現のためにはスケジュールなど時間軸が重要だと感じる。
時間軸を入れることで、よりビジョンが具体的になり、実現する精度があがってくる。
是非、ビジョンと時間軸をリンクさせてもらいたい

2307回 実習体制

藤原です。
最近、学生向けセミナーやLINEコラムなどで、実習先を探すことや、実習に行ったときの注意事項などを学生に向けて情報発信している。
やはり、学生も知らない情報が多いようで、非常に興味を持ってくださる。
昨年実施した、動物病院様からいただいたアンケート分析データを基礎としているため、幅広い動物病院様の傾向になっている。
セミナーの中で、プラチナ会員様に実習に行って、感じたことや困ったことがあれば、弊社に言ってくださいと話している。
また、LINEグループインフォアでのコメントでも、実習フィードバックをお願いしてる。
実習する学生ではなく、受入側の動物病院にも改善した方がいいところはあると感じている。
実習体制を変え、ブラッシュアップしていけば、病院も成長していく。
多くの学生も、弊社がそのように言ってくれるなら、安心すると言ってくれる。
非常にありがたいことである。
実習体制をしっかりと勉強していくことで、良いリクルーティングにつなげていきたい

2306回 地域

藤原です。
コーヒーチェーン大手のSTARBUCKSでは、地域により独自の設計で出店している。
これは、ローカルレレバントという地域への関わりを重視した店舗展開を実施する企業コンセプトに基づいている。
リピートを重視した店舗では、やはり地域の人に大切にされる店舗でないと成立しない。
地域性の強い業種は、この考え方は非常に重要だと感じる。
動物病院も地域性の強い業種である。
しっかりと地域に関わっていって欲しい

2305回 ネットワークの大切さ

藤原です。
弊社の学生団体サスティーズは、東大以外の全獣医大学の学生が参加してくれている。
先日、実習時の保険についてサスティーズに質問したが、学校によって様々な違いがあることがあり、驚いた。
他にも様々な大学ごとの違いがわかり、非常にありがたいと感じる。
一部の大学の情報だけで、獣医学生全体のような話をする人も いると聞いた。
弊社では、学生団体のサスティーズと1700人を超える学生LINEグループ、インフォアで様々な情報収集ができるため、偏ることなく情報を得ることができる。
やはり、ネットワークは非常に大切だと感じる。
このネットワークに就職コラムや動物病院の現状などを定期的に提供し、学生にもしっかりとした情報を提供していきたい

2304回 大雪

藤原です。
昨日からの降雪により、交通機関が乱れている。
恐らく、このような状況では動物病院の来院数も減少するであろう。
このような状況は、天気などにより、日々の中で発生する。
このような状況で、時間ができた時に、何をするかは非常に重要だと感じる。
日々、忙しくなりやすい動物病院だからこそ、このような状況を大切にし、しっかりと地固めをしてもらいたい

2303回 リピート率アップ

藤原です。
先日、弊社のコンサルティングミーティングでリピート率アップの方策を話し合った。
様々なリピート率アップ手法があり、バラエティーに富んだ手法が出てきた。
延べの来院数は、リピート率と来院回数で大きく変わる。
カルテ確保はもちろんだが、リピート率アップも大切であり、比較的容易である。
分析の結果にもよるが、まずは、リピート率アップに焦点をおきたい

2302回 プレシニア企画

藤原です。
最近、多くの病院では後期高齢犬が多くなり、亡くなるワンちゃんが増えている。
これは、今後ますます増えていく傾向だと感じる。
会員様には、プレシニア犬を増やしたり、来院してもらうための企画を実施したりすることをお奨めしている。
すぐに結果は出にくいが、継続することで、プレシニア犬が伸びていく。
後期高齢犬対応が忙しくなり、新しい試みができない動物病院様も多いが、未来を見据えて次に繋がる対策をじっくりと実施してもらいたい

2301回第二回動フェス

藤原です。
昨年に続き、三月に弊社主催の就職説明会、動フェスを開催する。
まだ、開催まで3ヶ月以上あるが、学生に告知し始めたところ、先行申し込みが入ってきている。
前回は関東圏の学校の学生参加のみであったが、今回の申し込み状況を見ていると、帯畜や鹿児島などからの申し込みがあり、驚いている。
やはり、インフォアやサスティーズという昨年にはなかった仕組みの力だと感じる。
開催日までには、まだまだ時間がある。
更に告知を強化し幅広い学生に来場してもらえるように活動していきたい

2300回 トランザクティブメモリー

藤原です。
アメリカの経営学では、最近、トランザクティブメモリーが重要であると、言われている。
トランザクティブメモリーとは、組織全員が同じことを覚えているのではなく、組織の誰が何を知っているかを、全員が知っていることである。
この考えは、非常に重要だと感じる。
人の情報処理能力は限界があり、それぞれにおいても違う。
また、人の興味もそれぞれに違うため、知っているテーマも変わってくる。
そのため、トランザクティブメモリーがないと、幅広い組織の知の情報を活用できない。
トランザクティブメモリーを発揮するためには、メンバーに興味をもち、知ることが非常に重要だと感じる。
組織のトランザクティブメモリーを高めていきたい

2299回 インフォア1700人突破

藤原です。
弊社の学生LINEグループ、インフォアの登録が1700人を突破した。
弊社が主催する獣医学生団体のサスティーズも、東大を除く全ての獣医大学の参加になり、非常に嬉しい限りである。
インフォアは2000人の登録数になるのは、時間の問題だと感じる。
最近では、インフォアに流すコラムのテーマをインフォアで募集したが、非常に多彩な意見をいただき、最近の獣医学生が知りたいことを把握できた。
また、インフォアの運営に獣医学生のインターン学生が携わるようになり、大人にはわからない様々な内容がわかるようになった。
インフォアを基軸に、求人サイト動ナビや就職説明会、交流会などを展開していく。
会員様の採用を全力でバックアップしていきたい

2298回 新しい出会い

藤原です。
今年に入り、様々な新しい出会いがあり、新しい発見がある。
やはり、人との出会いは刺激になり、思いもよらなかった情報や発想を得ることができる。
新しい出会いは、基本的に動くことにより、発生すると感じる。
様々な理由から、動かない人も多いがチャンスを失っていくと感じる。
新しい出会いを実現するため、動いていきたい