藤原慎一郎 ブログ

3481回 フォーラム講演2

藤原です。
先日、JVBPで弊社取締役の北野がマーケティングについて、講演をおこなった。
100名程度の人に参加していただき、嬉しい限りであった。
マネジメントの講座と併せて、2日連続で参加してくださってる方も多く、経営に対する熱心さが伺える。
動物病院業界も経営に対して、非常に前向きになってきたと考えられるる。
今月は弊社主催の経営セミナーの時流予測がセミナーも開催する。
しっかりと情報提供していきたい

3480回 フォーラム講演

藤原です。
先日、JVBPでマネジメントをテーマに講演をおこなった、
100人近い参加者が来ていただき、非常に嬉しい限りであった。
四種類のアンケート分析から、様々な人材の傾向を分析し、これからの組織のあり方をお話ししたが、非常に嬉しいお言葉もいただいた。
獣医学生が動物病院に就職する率などは、年々低下しており、参加者の方は非常に興味を持たれていた。
本日は、役員の北野がマーケティングについて講演を行う。
非常に楽しみである。

3479回 シニアのライフスタイル

藤原です。
ある新聞記事によると、定年後のシニアの支出は2割程度減少するという。
保有資産を取り崩すことになるため、出費は生活必需品が中心となり、出費額は減少する。
この記事の中には、シニアのライフスタイルを8つに分類していた。
プレミアム、行動派、エンジョイライフ、アクティブ、孤立在宅、リーズナブル、ギリギリ生活、要介護の8つ7であり、それぞれのライフスタイルにより嗜好は異なる。
新しいビジネスチャンスは、このような細分化されたシニアゾーンに適応するかどうかによって成功は決まる。
シニアをひとくくりにせずに、見極めていきたい

3478回 時流セミナー

藤原です。
来月、弊社主催の総合セミナーである時流予測セミナーを開催する。
早いもので、セミナーの開催は50回になり、記念セミナーとなった。
ありがたいことに、非常に多くの動物病院様から申し込みいただいており、当日が楽しみである。
第一回のセミナーから8年が経過したが、業界も著しく変わった。
変化に対応するために、どうすれば良いのかを弊社の複数のコンサルタントが解説する。
明日からのフォーラムでの講演と併せて、聞いていただければ、より深掘りもできると感じている。
来月の時流セミナーに是非、参加していただきたい。

3477回 体調管理

藤原です。
季節の変わり目になり、寒い日が続き出している。
この時期は体調を崩しやすく、病気にねることが多くなってくる。
ある会員様は、以前、体調管理は仕事の一貫だとおっしゃっていた。
たしかに、動物病院の場合、組織化できていなければ院長の体調により、売上が左右される場合が多々ある。
体調管理は仕事のひとつだと考え、しっかりと健康を維持してもらいたい

3476回 ムダの活用

藤原です。
使っていない駐車場を貸すマッチングサービスはあったが、最近では空きスペースを貸すサービスも出てきた。
個人宅の使っていない倉庫や押入れなどを、物の置き場所を探している個人に紹介し、マッチングするサービスである。
視点を変えれば、ムダなことに気づき、ムダを有効活用する施策が見えてくる。
まだまだ、飽食になった日本ではムダはいたるところで存在している。
ムダを探し、有効活用することにビジネスチャンスは生まれてくると感じる。

3475回 遠隔旅行

藤原です。
ある旅行代理店は、現地に行かなくても旅行を体験できるサービスを来年商品化する。
現地にいるロボットを通じて、VRで景色を見ることができ、特殊な手袋を使用することにより、リアルな触感なども感じることができるという。
また、ある大手航空会社は宇宙にいるロボットを演歌操作し、宇宙旅行体験を開発しているという。
今後、ますます、このようなサービスが増えていくと感じる。
体力の衰えた老人でも、旅行体験ができることは新しいマーケットを作る可能性が高い。
今までの常識だけにとらわれないようにしたい。

3474回 独自分析

藤原です。
弊社では学生アンケートやスタッフアンケートなど、様々なアンケート分析を独自で行っている。
サンプル数は最低でも100以上あり、400人を超えるサンプル数のアンケート分析もある。
また、カルテからの分析なども、独自で行い様々な傾向を独自調査から導き出している。
これは弊社の強みであり、独自の傾向分析や独自指標を持っていることで、他社にはないロジックが生まれる。
今後、様々なセミナーなどの発表の中で、分析の一部を発表していく。
是非、参考にしていただきたい

3473回 継続の重要性

藤原です。
先日、ある会員様と今年の夏休みの獣医学生の実習生についてお話ししていた。
今年の夏休みの実習生の数は、非常に多数であり、更にアルバイトとして長期間に渡り、病院業務を手伝ってくれた獣医学生もいたという。
このようになってきたのも、過去5年の間に継続して募集活動を実施してきたからと、院長がしみじみおっしゃっていた。
もちろん、来年、入社する新卒ドクターも内定しており非常に獣医採用はうまくいっている。
やはり、継続することは非常に重要だと感じる。
継続力を高めていきたい。

3472回 口コミサイト

藤原です。
先日、会員様から口コミサイトについて相談を受けた。
動物病院の口コミサイトは昔よりも増加しており、営業も多くなってきている。
口コミサイトは、賛否両論あり、是非が問われるケースが多い。
費用対効果だけでなく、負の口コミに対するリスクなどもある。
しっかりと、自院に適した媒体なのかを考えて、活用してもらいたい

3471回 オープンカレッジ

藤原です。
今日、東京で弊社勉強会のオープンカレッジが開催される。
今回は、弊社プラチナ会員様に講演していただき、現場での実践事例をお話ししていただく。
お話ししていただくプラチナ会員様は勢いがある若手院長である。
非常に楽しみな勉強会である。
オープンカレッジを質の高い情報交換の場にしていきたいと感じる

3470回 犬用グッズ

藤原です。
犬用の商品が、様々なメーカーから発売されているが、高齢化によりラインナップも変わりつつある。
昔は犬の鳴き声から変わる翻訳機などがあったが、最近は犬用紙おむつなど、高齢化と連動するグッズが充実しだした。
今後、ますます高齢化は進んでいき、更に様々な商品が出てくると感じる。
会員様の中には、シャンプーなど商品開発もされる動物病院様もいらっしゃる。
グッズ開発も興味がある動物病院様は、時流も見据えながら考えていってもらいたい

3469回 座右の銘

藤原です。
座右の銘を持たれている人と持っていない人がいる。
正直、持つことと持たないこと、どちらがいいのかはわからないが、持っている人は行動規範にできる。
しかしながら、座右の銘に縛られて新しい可能性を模索しないというデメリットもあると感じる。
また、座右の銘が人の言葉と自分が考えた言葉との違いを感じる時もある。
座右の銘に縛られてはいけないが、持たないのも歴史などに学んでないと感じる。
模索しつづけることが、座右の銘にたどり着くことなのかもしれない

3468回 教えてもらえること

藤原です。
コンサルティングの現場では、会員の動物病院の皆様から教えてもらえることが多々ある。
これは、非常にありがたいことであり、素直に感謝している。
やはり、日々のコンサルティング活動では一方方向だけでは、うまくいかないこともある。
その時には、会員様の視点もしっかりと認識したり、こちらの至らないところのヒントを教えてもらえることが非常に重要になるとも感じている。
やはり、謙虚で素直な姿勢を心がけ、傲慢にならないように気をつけていきたい

3467回 高級食パン

藤原です。
今、一斤1000円する高級食パンが全国的に売れているという。
高級食パン専門店などが、全国に増加しており、限定品になると1時間半の行列ができるという。
味はもちろん美味しく、あらかじめ切っていないため、好きな大きさに切ることができる。
この現象には自家消費はもちろん、贈答という新しいマーケットができたことが大きい。
今までにあった食パンに、様々な価値を持たせることで、新しいマーケットが増えた。
価格を上げることを躊躇することは多いが、価格が上がることで、新しい展開がある場合もある。
非常に興味深い事例である。

3466回 視点の違い

藤原です。
コンサルティングなどを通して、様々な人とお話しする機会があるが、立場による視点の違いを感じることが多い。
やはり、自分の置かれた立場で見えることを、すべての事実として感じることが普通である。
しかしながら、一つ上の立場の人が見ていることも、一方では事実である。
この、一つ上の立場の視点をイメージしていくことが、成長するためには必要だと感じる。
立場によって視点が違うことを認識し、自分の視点に固執せずに、一つ上の視点を意識していきたい

3465回 孤独の怖さ

藤原です。
最近、人とのつながりが世界的に薄れており、孤独を感じる人が増えているという。
アメリカの調査機関の発表では、孤独になるとストレスを感じ、身体に悪影響を与えるという。
孤独が身体に与えるリスクとしては、1日にタバコを15本吸っているのと同程度という。
また、孤独は心筋梗塞のリスクを32%上昇させるという発表もある。
人とのつながりを持ち、孤独を感じさせないことは非常に重要になってきていると感じる。
つながりを持ちにくい時代だからこそ、つながりを作ることは企業や病院にとって重要になってきているのかもしれない。

3464回 Q Rコード決済

藤原です。
スマホなどでQRコードなどを表示して、会計するQRコード決済というものがある。
まだ、発展途上ではあるが、ある調査では利用したことがある人は1割程度で、知らない人は6割程度であった。
しかしながら、利用した人の三人に1人は週に一回は利用しているということがわかり、頻度は高くなるという結果になっている。
カードや現金を持ち歩く必要がないQR決済は、海外では急速に普及しているという。
インバウンドの影響で店側の対応は、増えていく。
インフラが整備された後、一気に普及する可能性もある。
しっかりと動向を見ていきたい

3464回 QRコードけっさあ

藤原です。
スマホなどでQRコードなどを表示して、会計するQRコード決済というものがある。
まだ、発展途上ではあるが、ある調査では利用したことがある人は1割程度で、知らない人は6割程度であった。
しかしながら、利用した人の三人に1人は週に一回は利用しているということがわかり、頻度は高くなるという結果になっている。
カードや現金を持ち歩く必要がないQR決済は、海外では急速に普及しているという。
インバウンドの影響で店側の対応は、増えていく。
インフラが整備された後、一気に普及する可能性もある。
しっかりと動向を見ていきたい

3463回 動フェス

藤原です。
来年の弊社主催の大規模就職説明会、動フェスの日程が決まった。
今年の開催から半年経過したが、その時の出会いが身を結び出した会員様もいらっしゃる。
しかしながら、昨年の出会いから、来年就職するという会員様の方が多くなっており、就職活動をする学生の低年齢化を感じる。
九月に入り、今年もあと3カ月になってきている。
来年を見据えて動いていきたい。