藤原慎一郎 ブログ

沈黙の時間

先日、ある会員様で秋の企画ミーティングを行った。

スタッフはおとなしい人が多く、院長は積極性がないことを気にされていた。

いつもの定例ミーティングでは、意見があまり出てこないという。

このミーティングにおいても、初めアイデアを求めても、すぐには意見が出なかった。

そこで、10分間、それぞれが考える沈黙の時間を設けた。

すると、徐々に意見が増え色々なアイデアが出てきた。

結論を急ぎすぎるあまり、整理する時間や考える時間を設けない場合が多々ある。

もちろん、どんどんと意見が出る人もいるが、多くの人は整理する時間を必要とする。

考えるための10分程度の沈黙の時間は、重要だと感じた。

ホテル健診

会員様の中には、ホテル預かりをしているときに健診を提案する人が多々ある。

チェックリストを用いて、お預かりしている時にこそできる健診を実施する。

意識がたかく、安心感を求める飼い主様の層が動物病院のホテルを利用するケースが多い。

今からお盆の時期になる。

是非、お預かりからできることを考えて欲しい

ホームページのテーマ型セミナー開催!!

弊社では、来月から様々なセミナー開催を企画しています。

様々な皆様のニーズにきめ細かく対応したいと考え、今年から、テーマに特化した「テーマ型セミナー」と総合的な内容の「総合セミナー」を分けて開催します。

テーマ型セミナーの第一弾は「ホームページ」に関するセミナーです。タイトルは、「「ホームページを上手に活用している動物病院だけがやっているホームページの成功法則」

以下に詳細があります。
ご興味のある方は、是非、ご一読ください

http://f-snc.com/seminor02/?p=514

シニア起業

最近、シニアの起業が増加し、20代の起業が減少しているという。

年金の支給時期が、どんどん遅れる懸念から起業が増加しているらしい。

今までに築いた人脈やスキルを活かしたいシニアも多々いる。

このような変化は、退職後に悠々自適に暮らしていた今までのシニアイメージと違うマインドや生活様式を作る可能性がある。

画一的にシニアをとらえることが、非常に難しくなると感じる。

団塊世代の退職が本格化する今年からは、非常に重要なテーマになりそうである

理念ミックスミーティング

以前、アンケートや飼い主様ヒアリングを参考にし、ある会員様ではスタッフが行動指針を作成した。

今回、理念をもとに院長が、行動指針を作成した。

非常に両方似ているものにはなっており、病院の姿勢が浸透していると感じる。

しかし、様々な違う部分もお互いの行動指針には存在している。

そこで、今回、二つの行動指針をお互いにミックスする作業を始めた。

スタッフたちも理念などの復習になり、より理念が浸透していくと感じる。

とるべき行動は、現場や時代により、少しずつ変化する。

このような試みは、定期的に必要だと感じた。

成犬対策

会員様の中では初診が順調に増加している動物病院様も多々ある。

昔と違うところは、子犬ではなく成犬が初診で増加しているという点である。

やはり、子犬は減少していると感じる。

飼いはじめて、年月がたった成犬の飼い主様が、何を求めているかを想像することが重要になる。

自分自身でも気づかない特徴は多々ある。この特徴を見つけ表現することが必要になる。

誰に向けて発信するかを、是非、イメージしてもらいたい

優先順位の必要性

スタッフの優先順位の付け方に対するアドバイスを、会員様から求められるケースがある。

がむしゃらに頑張ってる人やまじめな人ほど、優先順位がつけられないかもしれない。

優先順位は逆に考えると、後回しにすることや捨てることが発生する。

これは、悪いことに感じるスタッフもいる。

まず、捨てる勇気が必要なことを伝えることが大切かも知れない。

スピードが重要な時代である。

優先順位を是非、教えて欲しい

和力を磨く

最近、会員様の間での交流が活発である。

共同募集広告に始まり、獣医師の紹介や見学、更に分院の売買などに広がっていっている。

やはり、個別での限界を感じることが多々あると感じる。

例えば、薬の値付けでも、独りで決めるのと、様々な情報をもとに決める場合とでは、精度や安心感も異なる。

和の強さは、非常に重要だと感じる。

今後も更に和力を磨いていきたい

秋に向けて

最近の猛暑により、来院する時間が朝と夕方に集中しだしている。

夏時間を事前に設定している会員様もいらっしゃるが、対応できていない病院様も多々ある。

手術も夏は減少する傾向があるため、お昼は比較的余裕が出てきた。

このお昼を使って、秋の企画の展開準備をしている会員様もある。

8月に入り暑さはピークになるが、秋はすぐにくる。

少しずつても秋に向かっての活動をはじめて欲しい

新しい視点からの行動

ある会員様では、開発した商品と絡み、ラボを付加することも検討している。

今までは、動物病院という軸でのコンセプトだったが、この会員様はコンセプトを広げて、更に大きな視点を追加された。

発展により、コンセプトが広がると具体策が変わってくる。

分院を含めて、更に大きな視点に対応していく。

最近の経済情勢や動物病院を取り巻く環境から暗い話題も多いが、違う観点からの切り口が発展を生むこともある。

是非、前向きに視点を持って欲しい

会いに行くこと

ある人生の成功法則を書いた書籍の中で、「人と会いに行く」ことの重要性が説かれていた。

最近は、SNSなどによってダイレクトなコミュニケーションが減少している。

連絡事項レベルでは、メールやSNSで十分であるが、ダイレクトにコミュニケーションしないと感情が伝わりづらく、人間関係が強くならない。

関係性が強くないと、相手のために行動することや、相手が自分のために行動してくれることもなくなり、絆は弱くなっていく。

会うという原点にたち戻ることが、この時代では重要かもしれないと感じた。

コンサルタントおよびコンサルティングサポートを募集します

現在、弊社では、順調に会員数も増加し、2012年からスタート​する新しいテーマでのセミナーや勉強会、スタッフや勤務医様対象​のセミナーや勉強会、動物病院関連業種へのコンサルテーション対​象拡大など様々な展開が進んでいます。

 

そこで、今年もコンサルタントおよびコンサルティングスタッフを​募集したいと思います。

 1名づつの少人数採用になります。

 詳しくは、http://www.f-snc.com/recruit/index.html

 

をご覧ください。

ミーティングの効果

3年ぶりに、ある会員様のスタッフミーティングに参加した。

ここ3年、院長と副院長とお話ししており、スタッフとの対面は久しぶりであった。

スタッフの入れ替わりもあり、メンバーは半数知らない状態であった。

ミーティングの態度で、モチベーションや積極性がわかってくる。

この会員様は、組織が大きくなり、トップダウンだけでは推進力が落ちるため、スタッフから経営企画に引き上げることになっている。

ミーティングの雰囲気とドップとの対話で、対象を決めていった。

ミーティングでの何気ない一言や態度で、わかることは多々ある。

是非、ミーティングを情報発信以外の目的でも考えて欲しい

協力の広がり

先日、ある会員様から、ある会員様へ取り次ぎを頼まれた。

今までは、視察などのアテンドが多かったが、今回は診察に関しての取り次ぎだった。

会員様同士の協力の幅が広がっているように感じる。

私達が提唱していた和の考えが、形になってきたように思う。

更に、飼い主様の引っ越しに伴う、かかりつけ動物病院としての会員様紹介なども発生してきた。

ネットワークは今後、重要な意味を持つだろう。

協力の幅を広げていきたい

院長からのお奨め

ある会員様のホームページでは、ドクターや動物病院看護士の良い点を院長からコメントしている。

これは、非常に飼い主様にとっては安心でき、スタッフはモチベーションが高まる。

院長からのお奨めということは、病院からのお奨めの中でも、一番のお奨めというように飼い主様には映る。

多くの病院では、スタッフや病院からのお奨めということは多々あるが、院長からのお奨めは少ない。

様々な確度から、院長からのお奨めという告知を考えて欲しい。

ただ、あまりにも多すぎると信憑性を欠くので注意してもらいたい

来年度のフィラリア予防

ある会員様から、来年度のフィラリア予防薬などの相談を受けた。

意識が高い会員様は、フィラリア予防が終わってすぐに、来年度のフィラリア予防を意識されている。

今後、様々な会員様とお話し、価格など様々な情報を共有化していく。

新しい情報をキャッチアップし、深めていくことが、うわべでない本質的な経営情報にブラッシュアップしていく。

来年度に向けて、研究を深めていきたい。

改革を拒む組織

第二次世界対戦の日本敗戦から、アメリカ軍と日本軍の組織論を研究した書籍がある。

この書籍の洞察が非常に興味深く、参考になる。

様々な敗戦の要因が書かれているが、その中の一つに、改革を組織が拒んだというものがあった。

過去の成功事例や感情的部分から、間違いを認められず、組織が改革に歯止めをかけ、不可解な方向に進んでいく。

これは、現在の企業にも当てはまる現象である。

組織は、方向性を間違えれば、大きな足枷になる。

過去の事例から学びたいものである。

共通会員情報

動物病院業界において、料金や給与は目安になる情報が少ない。

そこで、会員様にお願いして給与などの事例収集を行うことにした。

やはり、共有化できる情報は大切になる。

やみくもに設定していくと不安になる要素は多々ある。

どのくらい収集し共有化できるかわからないが、100会員様分は目標としたい。

やはり、和力は大切である。

トリミングサロンに向けたコンサルテーションを開始しました。

トリミングサロンに向けたコンサルテーションを始めました。
弊社では、実は色々な事情で公表できなかったのですが、10年以上の間、トリミングサロンなどのペットケアサービスのお手伝いを続けて参りました。この度、色々なペットケアサービスの方からのご要望により、本格的にコンサルティングサービスを提供することとなりました。

http://www.f-snc.com/consulting/petcare.html
に概要があります。

是非、ご覧ください

求人の動き始め

先日、ある会員様から来年度の新卒や中途採用のドクター応募があったという報告があった。

また、他の会員様は中途採用が決まったと報告があった。

フィラリアが終わり、募集が活発になってきたと感じる。

ある会員様が、採用したドクターにどこに見学に行ったかと聞いたところ、すべて弊社会員様だったという報告も受けた。

共同募集の効果も出てきたのだろう。

非常に嬉しい限りである。

募集に対しても、更に掘り下げていきたい