藤原慎一郎 ブログ

4162回 商売の三原則


藤原です。
ある大手総合商社には商売の三原則のかけふという言葉がある。
これは、稼ぐ、削る、防ぐの頭文字をとった言葉であり、非常に端的に商売の要諦を表現している。
稼ぐということは経営体を発展、維持させるための経営原資を作ることであり、削ることで最大化を図る。
さらに、さまざまななリスクを防ぐ対策により、経営体の永続性を高めていく。
この3つの要素を有機的に高めていくことが経営には非常に重要だと感じる。