藤原慎一郎 ブログ

4160回 2020年消費者物価指数


藤原です。
昨年、一年間の消費者物価指数が発表されたが、前年比0.2%マイナスとなった。
日銀は2.0%上昇目標を掲げているが、デフレ基調になる懸念が出ている。
エネルギー関連の価格の低下が顕著であるが、今年はどのようになっていくか注視が必要である。
コロナ禍の中で節約志向が消費者も強くなってきている。
しっかりと物価を捉えていきたい。