藤原慎一郎 ブログ

3680回 人手不足解消の切り口


ある大手宅配業者は、アパレル企業と組み通販で販売している靴や服を駅などにあるリフォーム店に取り寄せ試着できるサービスを始めた。
アパレル通販は返品率が高く、宅配業者には負担の大きい業種であるという。
試着という接点で物流量を減らし、返品率を下げることで、人手不足対策の一環とする狙いだという。
販売のミスマッチを防ぐために、大手アパレル通販が試着無料化したり、採寸スーツを配布することとは、全く意味が違う試みである。
宅配業者がこのような対策を講じるほど、人手不足は深刻になっている。
今後、様々な業種でも人手不足対策の切り口は多種多様になってくると感じる。
広い視野から、人手不足対策のための効率化の切り口を考えていきたい。