藤原慎一郎 ブログ

3670回 フィッシュ哲学


藤原です。
組織を活性化させるマネジメント手法にフィッシュ哲学というものがある。
アメリカのシアトルの魚市場で、従業員が自主的に世界で有名な魚やになりたいという動機から、組織体制と働き方を変えたことが理論のベースになっている。
従業員同士が、魚を投げて渡すパフォーマンスが話題になり、世界的に魚市場は有名になった。
注意を向ける、遊ぶ、喜ばせる、態度を選ぶという4つのマインドが根幹になっている理論である。
病院などでも取り入れている組織マネジメント手法である。
キャッチアップしていきたい。