藤原慎一郎 ブログ

3617回 男性の単身世帯


藤原です。
昨今では単身世帯が全世帯の35%をしめ、三軒に一軒が単身世帯になっている。
晩婚化や未婚化、死別など要因は様々であるが、ある機関の推定では2035年には世帯の半分が単身世帯になるという。
女性の単身世帯はコミュニティが多いが、男性は非常に少なく、退職すると社会との接点がなくなり、孤立していくケースが多いという。
最近、このような男性の単身世帯向けサービスが模索されだしている。
男性向けの料理教室などが一列である。
このような男性の単身世帯向けサービスは、今後、更にマーケットを伸ばしていく可能性がある。
注意して、キャッチアップしていきたい。