藤原慎一郎 ブログ

3424回 顧客教育


藤原です。
ある居酒屋では、「おい、生ビール」なら1000円、「生ひとつ持ってきて」なら500円、「すみません、生ひとつください」なら380円と、頼み方で値段が変わるという張り紙を店内に掲示しているという。
実際は、料金は変わらないが従業員思いの経営に賛辞が集まっている。
従業員教育はよく考えるが、顧客教育を考え実施する企業は、まだまだ少ない。
しかしながら、実際には顧客を含めて成立している企業は多数あり、顧客のレベルがあがることで、より良い経営ができることが多々ある。
顧客教育もひとつの方向性だと考えていきたい