藤原慎一郎 ブログ

3356回 適性検査


藤原です。
採用において、適性検査を実施する会員様もいらっしゃる。
採用の判断は難しく、一つの指標としていたが評価と実際の働きは違うことが多々発生してきた。
また、売り手市場になったことにより求職者を選択もするが、求職者から選択をされるケースも増えてきており、適性検査をどのように位置づけるか難しくなってきている。
今後は、更に多様な人材を育てることのできる受け入れ側の環境やマネジメント力が必要になってくると感じる。
適性検査は一つの指標だと感じるが、様々な視点から人を見ていきたい。