藤原慎一郎 ブログ

3408回 若手の感覚


藤原です。
先日、ある知り合いの経営者とお話しした時に若手の感覚の凄さの話題になった。
その経営者は、業種として多くの若者と話す機会が多く、様々な考えや感覚に触れる機会がある。
一方で、多くの人が若者の負の特性の話題をすることが多々ある。
しっかりと若者に向き合っていない友人や経営者から、最近の若者はという言葉から始まる負のコメントを聞く。
この差は、今後非常に大きな違いを生んでいくと感じる。
松下幸之助も、新人からも意見を聞いていたという。
若者から教えてもらうスタンスを持ちたい