藤原慎一郎 ブログ

3388回 会議形態


藤原です。
最近、会議で椅子を撤去し立って会議する企業が増えているという。
立つと集中でき、事前に準備をするようになるため、効率的に早く会議が終わるという。
時間を大切に考えると、様々な変化を考える。
もちろん、アイデアを出すための会議と業務報告をするための会議は違うため形態は検討する必要はある。
ただ、今までの当たり前を変えていく必要性は感じる。
立つ会議はひとつの切り口だと感じる。