藤原慎一郎 ブログ

2741回 実習という出会い


藤原です。
会員様の中には、数年間獣医学生の実習がなかったが、今年、弊社の会員様になっていただき、様々な就職に関する取組をしていただいた結果、すでに五人の実習を受け入れていらっしゃる。
まだ、夏休みになっていないにも関わらず、非常に嬉しい状態であり、今後の就職に関する行動から、一年間を通すと10~20人の実習を見込んでいる。
ただ、どのような実習をするのかという事も非常に重要であり、学生からの様々な情報から、実習に関してもプログラムを検討している。
実習は、違う見方をすれば、直接、長時間の接点がもてるチャンスであり、もしかすると、最初で最期の接点をもてる時間かもしれない。
一期一会の機会だと考えれば、何年後かに違う出会いがあるかもしれない。
実習を大切にしてもらいたい。