藤原慎一郎 ブログ

2356回 事実の認識


藤原です。

先日、今月から入会されたプラチナ会員様に調査分析やヒアリングのからの方向性の報告を行った。

目に見える形でまとまった書類を見て、院長は客観的に自分の病院をとらえ始めた。

この段階がないと動けないタイプの院長もいらっしゃる。

自分の病院を客観的にとらえることは、非常に重要になる。

知ることを重視していきたい