藤原慎一郎 ブログ

立場の理解


動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

先日、オーナーではない勤務している院長とお話ししていた。

このドクターが院長になった時、院内はドクターと動物看護士の仲がとても悪かったらしい。

原因のひとつに、ドクターが看護士の仕事を軽んじていたこともあったようだ。
そこで、この院長はドクターも受付などを行うように義務付けたという。

そうすることで、ドクターも看護士の仕事の重要性や大変なことも理解するようになった。

立場を理解することで、お互いに対する尊敬が生まれる。

大切な事例だと感じた。