藤原慎一郎 ブログ

戻り消費


動物病院 経営 コンサルタントの藤原です。

団塊ジュニアと呼ばれる40〜45代の世代で、戻り消費という消費が顕著になっている。

これは、それなりに収入が増え、時間も持てるようになった団塊ジュニアが、過去に習っていた習い事など、再度始めるという消費である。
人生の中で、習い事を習得するには最後かもしれないという心理が働いているという。

このように考えると、子犬を購入しペットと一緒に、老犬になるまで暮らすには、もう少し上の年齢になるが50代前後が最後になるかもしれない。

このような切口で啓蒙することも、子犬の購入を増加させるひとつの要素になるかもしれないと感じた。