月別: 2014年8月

伝承と伝統

藤原です。 先日、宮崎駿氏の対談が掲載されていた。 その中で、伝承は変わらないものを伝えていく行為であるが、伝統は違うというコメントがあった。 伝統は、その時代の最新の技術により、革新を加えている。 その変化も含めて続い… もっと読む »

意思確認の必要性

藤原です。 ある会員様のナンバー2の人と先日お話した。 しっかりお話するのが久し振りであった。 すると、院長とお話するその人のイメージや考えと、お話した時のギャップを感じた。 日々忙しい中でも、個人の気持ちや感情は変化す… もっと読む »

秋の健康診断

藤原です。 8月も終わりに近づき、秋の健康診断の準備を考えだしてきた。 積極的に健康診断を実施する会員様も増えてきた。 今回は、総合的な健康診断だけでなく、単一の検査を受けやすいように検討する会員様もいらっしゃる。 いろ… もっと読む »

継承

藤原です。 最近、継承についての質問が買い手や売り手、病院を継承させる側、勤務しながら継承される側からいただくことが多くなってきた。 どちらも、違う視点からそれぞれの意思を持たれる。 これは、非常に難しい問題になる。 1… もっと読む »

想定外にむかう

藤原です。 物事を進める時には、想定していないことが起こるケースが多々ある。 その想定外の出来事に逃げないことによって、判断力や想像力、決断力が磨かれると感じる。 このような状況は、居心地が良い場所にいると発生することは… もっと読む »

雇用のミスマッチ

藤原です。 先日、林業をテーマにした映画を見た。 期待以上におもしろい映画であった。 都会で暮らしていると林業は馴染みがなく、どのような仕事かイメージがわきにくい。 このような映画により、若者はイメージが湧くだろう。 雇… もっと読む »

動きと流れ

藤原です。 新しい試みのために、最近積極的に動いている。 移動距離としては、相当長い距離を移動している。 移動した分だけ、スムーズな流れを作れていると感じる。 動きが流れを作る。 留まらないように、更に流れを作っていきた… もっと読む »

英語力

藤原です。 ある雑誌に英語の必要性の特集があった。 様々な予測の中では、英語の必要性があると記載があった。 ただ、英語はコミュニケーションの手段であり、必ずしもネイティブ並にならなくても良いという記載があった。 確かに完… もっと読む »

便利とリスク

藤原です。 最近、ラインの乗っ取りが流行っている。 つい先日も友人のラインが乗っ取られた。 便利なものには、相応のリスクが存在するとつくづく感じる。 このバランスを理解した上で利用する必要性を感じる。 これから、更に便利… もっと読む »

クロスマーケティング

藤原です。 子供たちの間で、妖怪ウォッチというアニメが流行している。 ゲームやグッズ、アニメなど様々なツールを駆使し、相乗作用により展開している。 現在、嗜好や媒体が多様化しており、様々な可能性を検討する必要がある。 今… もっと読む »

時流

藤原です。  秋の総合セミナーの案内が昨日から始まった。 時流を読みながら、どのように対応していくか?参考になる事例など充実した内容になっている。 特に時流は、非常に重要であり、社会での現象など診療していると見落としがち… もっと読む »

動き出し

藤原です。 一年程前から提示していたペットレンタル企画が動き出した。 どのようになるかわからないと感じていたが、タイミングが合致し動き出した。 物事が動き出すタイミングは、想像とは異なる事が多々ある。 自分のわかる想定の… もっと読む »

シンプルな集中

藤原です。 先日、ある会員様と企画について検討していた。 その会員様は、あまり器用な方ではなく、様々なことをこなせる人ではなかった。 話し合った結果、一つの検査から派生する企画になった。 分散するよりも集中する方が効果が… もっと読む »

ノスタルジックマーケティング

藤原です。 最近、レコードが世界的に売れ出しているという。 データで音楽を聞くことが普通になったが、昔聞いていた音源を懐かしむ人が増えてきた。 懐かしいという気持ちに焦点を当てて、訴求するマーケティング手法をノスタルジッ… もっと読む »

一流になる

藤原です。 ある雑誌に一流の概念や一流の定義など記載があった。 その文書の中で、面白かった文面は一流になるために必要なものは「痩せ我慢である」というくだりであった。 一流である人の共通項は、慌てないことかもしれない。 し… もっと読む »

シニアへの啓蒙

藤原です。 現在、提案しているシニアの飼い主様への新しい啓蒙企画がある会員様で実施された。 教室や企画など苦手な会員様の初めて開催する啓蒙企画であったが、まずまず成功した。 これは、定期的に開催を継続することを主眼にして… もっと読む »

結果による反省

藤原です。 先日、もと、陸上選手の為末選手が自身のメンタルトレーニングについて話していた。 様々あるが、結果に対する反省の必要性が印象に残った。 どんな結果でも反省しなければ、次に繋がらない。 ただ、良い結果が出たときは… もっと読む »

イメージの派生

藤原です。 ある会員様は、ある医療機器による手術を追求している。 この手術実績が増えれば増えるほど、他の手術も増えだしたという。 他の手術も得意だという波及するイメージがつきだしたようだ。 一つのことに集中し、実績を出す… もっと読む »

お盆休み

藤原です。 お盆休みに多くの人たちは突入した。 この季節は多くの動物病院もホテルが忙しくなる。 会員様の中には、夏に焦点をあてた企画なども実施している。 お盆休みが来院に適してる飼い主様も存在するからである。 特別な期間… もっと読む »

ダニング=クルーガー効果

藤原です。 スキルが低い人ほど、自分の能力を高く見積もる傾向をダニング=クルーガー効果という。 成績上位の人ほど自分は出来ないと感じ、下位の人ほど自分は出来ると感じる現象である。 したがって、学ぶ姿勢に関わっていく。 学… もっと読む »