月別: 2013年4月

リーダーの視点教育

先日、ある会員様のリーダー候補スタッフとお話した。 その中で給与に関しての話があった。 給与の上昇はどのような要素に対するものかというテーマだった。 そのスタッフは時間に対してという考えが強かった。 しかし、リーダー以上… もっと読む »

冷静な視点

ある会員様では、フィラリア時期に行う早割の効果が高く、非常によい結果になった。 業績も向上し、今までの集中する来院状況が改善した。 しかし、この会員様は来院する動物達の年齢などから新しい課題を見つけていた。 よい結果に浮… もっと読む »

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが始まり、交通機関が混雑しはじめた。 やはり、ゴールデンウィークは明るい気持ちになる。 これは休みの数とともに春という暖かくなった気候との相乗効果なのかもしれない。 意外と動物病院は五月のゴールデンウィ… もっと読む »

時間軸での差別化

あるラーメン店では、午前から夕方までと夕方以降でスープを変えている。 一つは豚骨ベース、夕方以降は鳥ベースである。 独自性と時間帯による食欲などから考えられているのであろう。 様々なラーメン店があるなかでの差別化という側… もっと読む »

自由なアイデア

今年のフィラリアダイレクトメールは、一定の方向性で会員様の多くは作成されている。 更に、それぞれの会員様のアイデアが盛り込まれている。 自由なアイデアを取り入れることで、更によいダイレクトメールになっている。 このアイデ… もっと読む »

一病院あたりの犬頭数

先日、ある会員様が分院を検討していた。 時間がないなか、一つの目安をつけるため一病院あたりの犬頭数を周辺の市レベルで出した。 結果、全国平均などと比べると少なくなったが、どんどんと毎年減少している事実に愕然とした。 やは… もっと読む »

少しの工夫での効果

ある会員様では、今年はじめてフィラリアダイレクトメールのサイズを大きくし、検診メニューを充実させた。 そのダイレクトメールを郵送することはもちろん、受付カウンターの上に設置した。 意外とカウンターにあるダイレクトメールか… もっと読む »

大学就職説明会

七月の獣医大学での就職説明会が決まり出した。 大学主催の説明会合わせて動き出している。 フィラリア明けには、来年にむけた活動が始まるために先行した活動が不可欠である。 前回の二月の説明会から、学生の就職が順調に決まり出し… もっと読む »

認知度アップのチャンス

会員様の中には、将来に向けて清納のよい機材などを購入される方が多々いらっしゃる。 これは非常に良いことだと感じる。 しかし、認知度をあげたり、稼働率をあげたりすることを意識されないことが多い。 購入したことに満足してしま… もっと読む »

経験経済

現在の消費社会では、経験という価値を組み込むことが、新たな成長を図ることにつながるという。 エンターテイメント、教育経験、脱日常経験、審美経験の領域での経験である。 これをどの組合せで経験価値を高めるかが重要になる。 更… もっと読む »

健康診断アップ

フィラリア時期が始まっているが、ある会員様はフィラリア時期の検診が現時点で140%アップしている。 一月から計画し、全員で意志統一した結果、よい方向に向かった。 まだ、フィラリア時期は続くがフィラリア時期の検診は伸びそう… もっと読む »

縁の中の発展

ある会員様は、懇意にされていた動物病院の院長に不幸があり、分院として譲渡された。 期せずして、病院を持つことになったが、これは人づきあいの縁の中での発展である。 流れの中で、発展することは非常に大切である。 普段の付き合… もっと読む »

国家論

先日、ポルトガルの動物病院の院長とお話ししている時、テーマは動物病院業界だけでなく国の話まで発展した。 外国の人たちは、大きな視点で物事を見ているように多々感じる。 海外では、宗教に対する感覚や国家に対する感覚がかなり違… もっと読む »

質問の質

会員様のスタッフから、たまに相談のメールをいただく。 色々なことに疑問を持ち、院長の許可をとって質問をされるスタッフの質問は考えた経緯を感じる。 特にメールでの質問は、意図を伝えながら質問ができるようになるまでにはトレー… もっと読む »

最新書籍ランキング

「小説で読む!動物病院サバイバル時代の経営術」という私の最新書籍が、出版会社書籍の中で、販売一位を獲得した。 問題集などを抜き、全ての書籍の中で一番になった。 色々な人たちの応援により、実現できた。 嬉しい限りである。 … もっと読む »

動物病院経営の重要性

ポルトガルとイタリアで視察させてもらった動物病院には経営スタッフが勤務していた。 一つの視察先の院長は、動物病院の慣習や形態を理解している経営スタッフの存在を非常に重要視していた。 今回の視察も、弊社が動物病院経営に日本… もっと読む »

イタリア動物病院

先日、イタリアで二つの動物病院を視察した。 両院とも全体の面積で約2000平米ある巨大な病院であった。 今の経済情勢の中でも、二病院とも伸びており、非常に活気がある病院である。 慣習や法律上、そのまま、日本で導入できない… もっと読む »

対比によるインパクト

キャッチフレーズや言葉を強くするために、対比する単語を組み合わせるケースがある。 これは、ギャップを感じさせることにより、強いインパクトを与えるという手法である。 このような対比することは、言葉だけでなく、思考を整理する… もっと読む »

歴史という財産

ヨーロッパの街並みを見ていると、歴史という財産を非常に感じる。 デザインという上部のものではなく、完成までの課程を想像することにより深い文化を感じる。 100年単位で作られる建築には、文化が継承する自信も感じる。 積み上… もっと読む »

診療スタンス

先日、お話したポルトガルの動物病院の院長はアメリカとヨーロッパで勤務していたという。 診療スタンスでの違いは、アメリカはドクターの方針に従わせるタイプで、ヨーロッパは飼い主様と一緒に診療していくスタンスだという。 全ての… もっと読む »